無料おうちまるごと片付けレッスン!手順とコツをブログで公開③

わたし
わたし
おうちまるごとレッスンの3回目。

皆さん、準備はいいですか?

 

※第1回目から見たい方は、コチラをご覧ください。

※第2回目はコチラ

 

第3回目は「大型本棚→リビングのピアノ、パソコンデスク周辺」の順で行います。

 

無料おうちまるごと片付けレッスン!手順とコツをブログで公開③

無料おうちまるごと片付けレッスン!手順とコツをブログで公開③

 

大型本棚

大型本棚片付け

 

ビフォー

 

書類や本がランダムに並んでいます。全部、外へ出して「いる」「いらない」をしてもらいました。

この本棚は7段の大型なので、写真にすべてが入りきりません。こういう大型本棚の場合、住んでいる家族の動線や使う頻度に合わせた収納にしていかなければなりません。

 

一番下:ファイル類貯蔵ボックス

2段目、3段目:ママの本を2列で収納。奥に雑誌など背の高いもの。手前に文庫本。

4段目:電話、プリンター、辞書類

5段目:ママの本、診察券、クリアーファイルやノートの買い置き

6段目:領収書、手紙、説明書

一番上:パスタマシーンなどキッチンで1年以上使っていないもの

 

一番上は脚立にのぼらないと届かない場所なので、ママしか使わないモノで、1年以上使っていないモノを収納しました。

 

一番下のファイルBOXは2階に収納してあったものですが、家族全員が頻繁に使えるストックBOXです。

 

 

大型本棚片付け

アフター①

 

大型本棚片付け

アフター②

 

本棚は同じ種類を集めて、分類して収納することで使いやすくなります。

 

本棚片付けのポイント

本や雑誌は捨てたいけど捨てられないベスト3に入っています。本や雑誌は自分の分身、と思う人は無理に捨てる必要はありません。

何度も読み直すお気に入りの小説、美術全集や専門書などはひとまとめにして保管するとよいでしょう。

ベストセラー本や、情報系の本や雑誌など一時保管的なスペースにひとまとめにしておくのがおすすめです。

内容を読んで「読み切った」「心と体に浸透させた」「アウトプットできるようになった」本や、買っても役にたたなかった本を捨てることは決して悪いことではありません。

どんどん読んで、どんどん読み切って、また必要に応じて手に入れる・・・。そんないいサイクルを取り入れていくと、本棚の片付けはすすんでいくでしょう。

 

 

パソコン・ピアノ周辺

ピアノ周辺の片付け

ビフォー①

 

パソコンの奥の黒い大きいものがピアノです。ちなみに手前のパソコン周辺も今回、片付けました。

 

ピアノ周辺

ビフォー②

 

ピアノ周辺を横から見たときの写真です。プリンターは大型本棚に移動。机はキッチンに移動。

 

ピアノ周辺の片付け

アフター①

 

オーディオは捨てるモノ。茶色いBOXに入った楽譜もテレビ収納に移動する予定。次回、ピアノの上はもっとスッキリします。

 

パソコン周辺の片付け

アフター②

 

パソコンの足元に置いていたモノがなくなりスッキリ。

 

パソコン周辺の片付けポイント

家族みんなで使うPCをリビングに置いている家庭が多くなりました。子供がゲームやインターネットをしたり、パパが会社から持ち帰った仕事をすることもあるでしょう。

作業スペースでもあるけれど、家族がくつろぐリビングであることを忘れないでくださいね。書類などを山積みにして、事務所化することだけは避けましょう。

机の上は作業の邪魔にならないように、できるだけスッキリした空間を確保。狭苦しい場所では、仕事も遊びもはかどりません!

普段使わないときはPCを閉じ、書類を出しっぱなしにしないなど、リビングの雰囲気を損ねない工夫が必要です。

パソコン関係のコードなど備品も出しっぱなしにしないように見えない収納場所を確保しましょう。

 

まとめ

片付け作業は午前2時間、午後2時間なのですが、今回、午前の1時間は「おうちセミナー」を実施。我が家をモニターさんに見てもらって、同じ4人家族でも「ここまで減らしても生活できるんだ」ということを実感してもらいました。

あと1時間はサロン部屋の位置を変更できるかどうかの相談があったので、作っていける形について、サロンのお客様目線で具体的に提案。

次回、作業のときにはレイアウト変更後なのでサロンづくりもできそうです。

 

次回は「レイアウト変更後のテレビ周辺→サロンづくり→キッチン」です。いよいよ1階部分が最終段階となりそうです。