こうしてカビ臭い部屋にした結果、病気になった!対策はあるの?

健康的なほっぺの色をした赤い葉っぱ
紅葉した葉っぱは、健康的なほっぺの色。

家にいればいるほど、
病気を招いていると思うと怖いです。

こんな家は病気になりやすいのです。

病気を招く家の特徴

ダニやカビが住みやすい家

  • ダニやカビが住みつく場所は布類
  • 家具の裏側や背中側
  • 皮脂汚れやホコリのたまった場所

家の中にこういう場所を、
なるべく作らないようにするのが一番。

とはいっても、
布製品大好き!という方もいます。

メンテナンスするしかありません。

家具の両サイドと後ろは、
お掃除できるスペースを空けておく。

布製品は洗濯機で丸洗いできるものを買う。

こんなやり方で対策します。

メンテナンスするのが面倒だからと、「私は窓を開けて換気しているから大丈夫」という方います。

大丈夫ではありません。

窓を開けて換気していても、
部屋の隅々まで空気の通り道がなければ、
何の意味もありません。

ダニやカビは住みついてしまいます。

住みつかせないためには、モノを動かすしか対策はありません。

ホコリがたまりやすい家

飾りものや観葉植物が好きな貴女。

こまめにホコリとりをしていますか?

ホコリがたまってくると、
その場所にダニやウジが住みます。

ネズミが住んでいることも。

ホコリは、日常の簡単掃除でとるのが一番ラクです。

モノが多いと、簡単掃除ができなくなるので要注意です。

異臭がする家

カビの臭いは、くさいです。

しかし、このカビの臭いが分からないという方も多いです。

カビ臭に慣れてしまっているからですね。

家に臭いが出てきているときは、
相当、カビが繁殖しています。

住んでいる人は、
臭いに慣れてしまっているので気づきません。

臭いをを指摘してくれる人がいたときは、
家の中を徹底的に見直すチャンスだと思ってください。

実家からの贈り物にしみついた臭いで、実家の異変に気づくこともできますよ。

日々、ちょっとしたことを気にかけるだけで、病気を悪化させない家づくりができます。シンプルな暮らしは片づけも掃除もラク。健康をとりもどして、幸せ度アップしましょう。