依存症になりやすい人の性格ってあるの?片づけられない人は要注意

依存症で苦しむ女性
アルコール依存は辛いです。他にもゲーム・ギャンブル・買い物・・・・依存

片づけと心の問題は切っても切り離せません。

依存症になりやすい性格ってあります。突然、依存症になるわけではないです。必ず兆候があります。兆候があるときに、周囲が気づいているかどうかです。

学校の成績がいいと、見過ごされていることも多いです。最近は大学生や若い社会人の依存症も増えています。依存症といっても、依存する事柄は人それぞれ。ゲーム、スマホ、ギャンブル、アルコール、買い物などなど。やりすぎは心身をほろぼしてしまうものばかり。

依存症になりやすい性格

見捨てられ不安の強い人

自分のほうだけ向いておいてほしいというタイプ。要は寂しがりの人。本当は人が大好き。だけど、自分に気に入らないことがおこると、突然、性格が荒くなってしまいます。そんなときに、人は去ってしまうのです。悪循環になってしまったことに自己嫌悪。

自己嫌悪に陥り、大好きな人から嫌われてしまったのではないか?と過度に不安になります。不安になるから、その人の気をひこうとして、手がかかる行動をします。またもや悪循環。

段々と気まずい雰囲気になってきたのを感じるため、依存するものに頼ってしまます。依存するものに熱中しているときだけは、イヤなことを忘れられるから。

満たされ感のない人

人生が満たされているかどうかは、気持ちのもちよう。現状に満足していない自分が、常にある人っていますよね。

同じ時間を与えられていて、「楽しく過ごすのも、イヤイヤ過ごすのも一緒。どうせなら楽しく過ごしたほうが得」と思える人は依存症とは無縁。

コップに水が少し入っています。その水を「少ししか入っていない」と思うか、「こんなにも入っている」と思うかの違いなんです。

自己肯定感の低い人

不器用な自分はイヤ。周りが見えない自分はイヤ。病気になった自分がイヤ。勉強できない自分はイヤ。メールの返事がすぐにできない自分はイヤ。

イヤイヤだらけの人。一見、マイナスに見えることも、見方を変えれば才能。自分にしかないもの。

不器用な人は、習得するのに時間がかかる分、物事を丁寧に取り組むので、活かすと才能に変わります。

周りが見えない人は、勢いと集中力が強い分、物おじせず大舞台に飛び込めます。時間を気にせず、物事に集中できることも才能です。

イヤな自分ばかりにとらわれていると、何かに依存するしか逃げ場はなくなります。逃げても一時しのぎ。ツケは後から自分にきます。依存症というツケは苦しいです。家族が依存症になりかけているときは、その人は同じことを日常生活を崩してまでやり続けようとしています。その段階まできていると要注意。もっと早い段階で、声をかけてあげる必要はあります。

優しくて、生真面目な人

優しすぎるから、自暴自棄になると豹変してしまうんです。加減が分からないから。

生真面目だから、世の中にはいろんな気分転換があるのに、わざわざ依存症になるようなものに、はまってしまうんです。周囲を見る余裕がないから。

優しさも生真面目も、度を超すと、自分にとって苦しい生き方になります。何事もほどほどが大事。

依存症になりやすい性格の人は、心身をほろぼしてしまうようなものを気分転換でやらないことです。自分が苦しいときに、助けてくれる好きなものや趣味をもちましょう。モノが役にたたないときは、自分のことをよくわかってくれている信頼ある人に頼ることです。買い物依存症になると、部屋にモノがあふれます。危険信号に気づいてくださいね。