あなたの家の中は大丈夫?今すぐできる地震対策

むとと片づけ研究所の備え付けで背の低い本棚
背の低い備え付けの本棚なので下敷きになる心配はゼロ

地震は怖いですね。できれば起きてほしくないです。いつ起きるのかは、自然のことなので分かりません。備えあれば患いなしで、対策だけはしておきたいです。家の対策はできていますか?

地震に強い家に住んでいると安心です。でも、誰もが地震に強い家に住んでいるわけではありません。家は地震に強くなくても、部屋の中は地震に強くすることは可能です。

今すぐできる防災対策

日用品や食料品は、備蓄と消費を繰り返すと、ムダが少ないです。震災用としての食料品や水を購入すると、使わなかったときにムダが生じます。また、保存期限を忘れてしまっていることも多いです。

床に置いて使う家具は、なるべく少なくするほうが安全です。必要以上の食器や本、置物や観葉植物は地震が起きた時には、凶器に変わります。レゴブロックを散らかしたまま、寝てしまったことで、地震後は凶器になってしまいます。寝る前には、床の上の余計なものは片づけてから寝ましょう。

地震後の片づけに時間をかけない

モノが多い家では、地震後の片づけに、倍以上の時間がかかります。地震で、停電した場合、日没までにガラスなど割れたものを片づけなくてはいけません。真っ暗になる前に、照明や夕食の準備などを済ませる必要があります。懐中電灯が、どこにあるか分からないでは困ります。そのためには、普段からなるべく散らからない部屋づくりをすることが大切です。

避難所に行けないことも考えておく

小さいお子様がいたり、認知症などで介護の必要のある家族がいるため、避難所に行かない方もいます。また、引きこもりや障がいのある子どもがいて、避難をしなかったという家庭もあります。家庭の事情によって、避難所に行くことが難しい場合もあるため、食料の備蓄は考えておかなければなりません。食料の備蓄については、「いつも食べなれている味」を3日分を目安に準備しておくのが一番、安心です。たべなれている味は、心をほぐしてくれます。被災後は、心が落ち込んでいます。なんでもないようなことが、心の癒しになります。

地震に強い家とは耐震構造の家だけをいうのではありません。耐震構造になっていれば安心です。それ以上に大事なことは部屋の中が、地震に強い部屋になっているかということです。

地震に強い部屋の条件は3つあります。

  1. 廊下や階段にモノを置いていない。
  2. 寝室は寝るための道具以外は置かない。
  3. 背の高い場所には、頭にあたって危ないモノは置かない。

この機会に、家の中を見直してみてください。