捨てる基準をもつことができたら、8割収納で人生を変えることができる

いる?いらいない?かを、捨てる勇気をもって考えている女性
どっちを捨てる?8割収納は人生をラクにします。

モノの収納で理想の数字は「8割」です。腹八分目と同じです。

空間にゆとりをもたしておくと、心のゆとりが生まれます。

あなたの家の収納を今一度、見渡してみてください。

理想的な8割収納

パンパンに収められた収納からモノを探すとき、時間がかかって、見つからなかくて、イライラってしませんか?

こんなにパンパンに入っているクローゼットの衣類だと、シワだらけ・カビだらけになっているかも!? おしゃれな洋服とは程遠くなりますね。

片づけが苦手な方が、いきなり8割収納は難しいでしょう。

ミルフィーユのように段々にモノが積みあがっている状態を崩すところから始めてください。

開かない引き出しがあれば、開けられる状態することから始めてみてください。

そのくらいまでモノを減らせることからチャレンジです。

理想の状態まで、モノを減らせるようになるためには、何度もモノの「いる」「いらない」を選別する過程を経験することです。

何度も繰り返しているうちに、判断力や決断力、モノを見極める力もあがってきます。

この段階で、決して新しい収納グッズを買い足してはいけません。統一感のないチグハグな収納グッズを買ってしまうと、オシャレで快適な空間からほど遠くなっていきますから。

外に出かける時間を減らして、おうち時間を有意義に過ごしてみてください。そうすることで、家が愛おしくなって、家をもっとキレイな空間にしたくなってくるはずです。

捨てることは難しい

捨てることは勇気のいる行為です。片づけコーチをしている私でも、モノを処分するときには毎回、心が痛みます。

でも、要らないと決めたモノを家の片隅で置いておくことも、もっと心が痛みます。

きれいなモノならば、誰かにもらっていただき、使ってもらえることが一番。

人と同じように、モノにも存在意義があります。部屋の片隅で積み上げられて「活かされていないモノ」は、ゴミと一緒です。ゴミ屋敷は他人事ではありません。予備軍の方は、たくさんいます。

モノはメンテナンスされて、適切な場所に出しやすく収納されているのが最適。さらに、大切なモノは頻繁に使って、もとの場所にもどすことを、繰り返されているのが理想的。

そんな健全な住まいを維持したいと思いませんか? 

要らないモノに空間を占領される。

要らないモノが増えすぎたから、トランクルームを有料で借りている。

要らないモノをよけて探すために、かけがえのない時間が探し物で費やされる。

不要品を置いておくだけで、こんなに空間・時間・金銭・精神の負担が増えているのです。モノに圧迫されて、生活をしているんですよ。一度しかない人生を、こんなことに犠牲を払わなくてもいいラクな生活をすることをおすすめします。

不要品の処分の仕方

モノを整理するときは、「いる」「いらない」「安心箱」と分けることです。

紙袋でも段ボールでもいいので分けてください。

どうしても決断できないものは、すべて「安心箱」で大丈夫です。

このモノを整理する仕分けが、片づけが苦手な方は嫌いです。時間がかかります。

「もっと収納スペースがほしい」「もっと広い部屋がほしい」とないものねだりをする方もいます。モノを整理しなければ、引っ越ししても何も変わりません。

モノは増え続けます。一生、モノは追いかけてきます。

不要品とは、あなたを楽しませてくれないモノたちです。そういうモノは長らく使っていないはず。過去2~3年で、一度も手をふれていないモノです。

思い出品やコレクションは別物ですよ。

家の中の一番小さなスペースを使って、モノを整理する練習をしてみてください。

全部、出して整理することのハードルが高いならば、そのままひとつひとつ手にとってみてください。手にとったもので、要らないと思ったモノだけ間引くのです。それを繰り返すだけでも、家は片づいてきます。

8割収納を目指して、心に余裕のある暮らしを実践してみてくださいね。片づけは、コツをつかんで、習慣化すれば、誰でもできるようになります。