不安解消法をお教えします。不安を受け入れ、不確実な未来を創造する

人生と似ていて、まっすぐ伸びたり、曲がったりしている花
まっすぐ伸びるお花もあれば、クネクネと伸びるお花もありますね。

片づけと心の問題は切っても切り離せません。

人生はレールにひかれたまっすぐな道がありますか? 若い方は、そう思いたいかもしれません。

いい高校に入り、いい大学を出て、いい会社に入って、真面目に仕事をすれば、出世もして、給料も増える。子どもも成長して、幸せな老後が待っている。そんなまっすぐな道があるのでしょうか?

まっすぐな道から外れる

若いときは、まっすぐな道から外れるのは怖いかもしれません。でも、恐れることはありません。

レールにひかれない道を生きていくことは、ラクなことではありません。それでも、たった一度の人生で、自分のやりたいことを追求して生きていくことを目指す人がいてもいいのではないでしょうか?

明日のことですら分からないのが、ヒトにとっては普通のことなのかもしれません。レールにひかれたまっすぐな道のほうが、本来の人間にとっては、ありえないことなのかもしれません。

未来は分からないから面白い

現代は、変化の激しい時代です。いつ何が起こるかわかりません。そう思って生きているだけで、感性が研ぎ澄まされていきます。変化に備えて準備します。変化が起きたときには、機敏に対応できる。そんな野性的な力が養われます。

逆に、レールにひかれたまっすぐな道を信じて生きてきた人は、現実と向き合うことが苦手です。現実的に起こる激しい変化に対応不可能、右往左往してしまいます。日常を漠然と生きています。

すべては自分が決めること

高校卒業までは、学校という縛りがある分、閉塞感を感じている人もいます。でも、高校卒業後は自由です。すべては自分で決められるのです。

どんな大学に行くか

どんな仕事をするか

仕事とどう向き合うか

どんな会社で働くか

何を大切にして暮らしていくか

1つ1つ選択することで、人生は決まります。

自分に決定権がある分、常に不安です。それが現実なのだから、その不安を楽しみながら、創造していけばよいのです。未来がわからないからこそ、可能性は無限大。その可能性に人生を賭ける。

世の中には100%いいものはありません。どんなモノ・どんなことでも、いい面と悪い面があります。不安なことを考えていても時間のムダです。モノと向かいあいながら、積極的に考えて生きていく考えるクセがつくといいですね。部屋の片づけをすると、人生を変えることができますよ。