片づけできない私に、思い出品の整理する時期を教えてください

枯れたら捨てる切り花
切り花は枯れたら捨てますね。思い出品の整理も切り花のようにうまくいくといいですね。

思い出品の片づけを始めると、
手が止まってしまいませんか?

今まで片づけをしてこなかった方は、
思い出品がたくさんありますよね。

 

片づけを始めるときのタイミング

人生の節目のとき

  • 子どもが生まれるとき
  • 子どもが小学生になったとき
  • 子どもが中高生になったとき
  • 子どもが社会人になったとき
  • 夫婦2人だけの生活になったとき

家族の誰かが病気になったときも見直しどき。

人生節目のとき、
今までもっていたモノに対する考えや見方が、
ガラッと変わるものです。

趣味やライフスタイル、
服装や食事の好みも変わってくるはず。

そうすると持ち続けたいモノが変わってきます。

節目をどう乗り切るかが、
そのあとの生活の豊かさにつながってきます。

人生後半の学び直しを始めたとき

人生100年時代

50代は人生後半の学び直しが必要です。

40代までの自分を整理し直す。
人生後半の生きる知恵は、
高齢化社会の前例がないため、
人は知恵をもっていません。

ただ、衰えていくだけでなく
「新しい自分をどうつくっていくか」
ということが課題です。

「私はどうしたいの?」

自分で見つける

その繰り返しによって、
人生後半の人生をつくっていくしかありません。

人生を振り返るためには、
モノの整理は必須です。

モノ整理は、今までの自分と向き合うための時間です。

モノがヒトに変わるとき

心が弱っているとき、
モノをヒトの代わりにする方がいます。

モノはヒトの代わりにはなりません。

モノは心をウキウキさせてくれます。

大好きなモノを見たり、触っていると心は落ち着きます。

モノはヒトが使ってはじめて、
活き活きします。

使っていないモノの量が、
増えてきたときは要注意です。

モノはヒトを圧迫します。

モノで自分の心まで押しつぶされないようにしましょう。

思い出品は段ボール1箱が最適です。思い出品が多すぎる貴女は、思い出部屋を作ってしまうこと。見せる収納にすることで、いつも思い出にひたれる部屋はウットリ気分を味わえます。