むとと片づけ研究所

片づけを後回しにしない方法。人生が変わる瞬間はキラッキラ

むとと片づけ研究所
空に向かって大きく深呼吸。人生が変わる瞬間が「う~ん、きもちいいっー」

片づけは憂鬱ですか? 一番やりたくないことは片づけですか?

片づけができるようになると、人生が変わります。どうせやらなくてはいけないものだったら、「いやだ」という先入観を捨てましょう。片づけは、ご飯を食べるのと同じくらい大事なことだと思うことです。

年齢は関係ない

新しいことを始めるときに、「年を取り過ぎているから、私はできない」と思う人がいます。そういう人は、おそらく常にそういう人生だったのでしょう。

何かをやりたいと思った時には、それが苦手なことであっても乗り越えることです。誰もができると思われていることが、苦手意識だけで、できなくなっているものの代表が片づけです。

1日5分、手を動かす

片づけできないといっている人は、いつまでたってもできないままです。片づけをしたいと思ったら、すぐに手を動かすことから始めましょう。1日5分からで大丈夫です。

片づけ本を買ったり、講演会に行くことは、刺激を受けるために、とてもいいことです。読みっぱなし、行きっぱなしでは、何の利益もありません。刺激を受けたら、その感動を忘れないためには、やっぱり手を動かすことです。

今までイヤだと思っていたことでも、1週間続くと、習慣化してきます。習慣化してくれば、自分が変われるチャンスです。そこまで、もちこみましょう。一人だとハードルが高いと感じたら、プロの片づけコーチを利用するのも手です。

アラフィフは若い

私たちアラフィフ世代、5年後の自分からみると、今の自分は「5年若い」。常に、5年後の自分と比較すると、いつでも若い自分でいられます。5年後の自分にとってはしんどそうなことでも、今の若い自分だったらチャレンジできるかも⁉って思えませんか?

「もう年だから」「仕事や子育てで忙しいから」などと、言い訳ばかりして、目の前の苦手な片づけを後回しにするのはやめましょう。5年後の自分に向かって、新しい一歩を踏み出してみましょう。片づけは、人生が変わる瞬間と出会えます。自分の人生がキラッキラになる瞬間です。そんな人生を歩んでみたいと思いませんか?