主婦の買い物依存症はひとごとではない。失敗をなくして予防するコツ

3つ折りした5千円札
買い物で失敗がなくなると節約効果アップ

お買い物って楽しいですよね。でも、失敗したなぁっていう買い物をした経験もたくさんありませんか?

働いて得た大事なお金を使うからこそ、買ってよかったと思えるようなモノだけを本当は手に入れたいです。

どうしたら「買ってよかった」と思えるモノだけを手に入れられるような、お買い物上手になれるのでしょうか?

迷ったら買わないこと

欲しいものを目の前にして、迷ったときは買わないことです。迷うということは、何か理由があるはず。その理由を明確にしてみてください。

おそらくモノに対して、気に入らない理由があるはずです。

お店では、そのモノを手に入れたい気持ちが強くなりがち。だから、気に入らないと思っている部分の気持ちを押し込めようとしています。

そういうモノを無理矢理、その場の勢いにまかせて購入したとします。

そんなときは、家に帰ったあと、気に入らなかった理由が勃発します。

せっかく買ったのに、使われないままになってしまうモノになってしまいます。

だからこそ、迷ったときは、一旦、お店を離れるほうが賢明です。

家に帰って、ゆっくり考えるのがベスト。一度、冷静になって、考える時間が必要です。

必要なモノは必ず手に入るから焦らない

冷静になって、考えていたら、せっかく見つけたモノが売れてしまうかもしれないって思いませんか?

売れてしまったときは、仕方がないとあきらめましょう。

それでいいんです。

貴女にとって必要なモノは必ず手に入るようになっていますから。

家に帰ると、全く、欲しくなくなっていることもあります。逆に、すごく欲しくなってくることもあります。

そのときは、もう一度、お店に向かいましょう。

二度目、お店に向かうときは、一回目の自分とは違います。そのモノを欲しいという気持ちに迷いがないので、手に入れたあとの充足感が大きいです。

二度目、お店に行くと、欲しかったモノがなくなっていることもあります。そんなときは、同じモノを他のお店に探しにいくといいでしょう。探しているうちに、もっと理想的なモノに出会えることもあります。

だから、二度目にお店に行ったときになくなっていても、悲観的な気持ちになることはありません。縁がなかっただけのことです。

要らないモノは持たない

お買い物で失敗したものは、キレイなうちに、リサイクルしましょう。

バザーに出したり、リサイクルショップにもっていったり。

もしくはお友だちにあげたりして、モノを有効に動かしてあげてください。

家の中のモノは、「入ってくるモノ」と「出ていくモノ」のバランスで成り立っています。

手放すことより、手に入れるほうが簡単な時代です。

手放すことは、手に入れることの倍以上のエネルギーを使います。手放すことは、心の痛みが伴います。だからこそ手に入れること段階で、注意を払う必要があるのです。

自分で買い物すること以上に気をつけたいことは「もらいもの」です。

タダでもらうモノには気をつけたほうがいいです。

昔から「タダほど怖いものはない」と言いますから。

常に「自分は何がほしいのか?」を問う暮らしを実践しましょう。家の中が、なくてもいいモノで占領されて、片づけで追われる生活にならないためには、欲しくないモノは、タダでももらわないようにすることです。お買い物上手になって、失敗の買い物を少しずつなくしていくとラクな暮らしになりますよ。