イライラしないためには、シンプルな暮らしをはじめよう!

シンプルな暮らしの原点は洞窟
洞窟はシンプルです。こういう暮らしをしていたときもあるのですね。

シンプルな生活は、とにかくラク。人生は山あり谷あり。この山あり谷ありを乗り越えなくちゃいけないときに、力を発揮してくれます。

ごちゃごちゃした生活だと、イライラ感がつのります。イライラして、不安感が強いと、山あり谷ありをうまく乗り越えることができません。

シンプルな生活の第一歩は片づけ

片づけの基本は「いる」「いらない」を区別すること。これはどんな本を読んでも書いていて、聞き飽きていますね。

片づけられない人にとっては、この「いる」「いらない」を分ける作業が大変です。特に「いらない」を見極めることが大変。全部「いる」って言う方、とっても多いですから。

「いらない」が分かるようになることが片づけの第一歩です。この第一関門は、どうやった超えられるでしょうか?

「いらない」が分かるようになるコツ

「いらない」が分かるようになるには、「自分が何者か?」「自分ってこんな人なの。こう生きていきたいの」ということが分かっていないと難しいです。

でも、いきなり自分探しっていわれても・・・。

えっーって感じですよね。

そんなときは、モノを整理することです。

モノの整理は、自分探しするチャンスです。

モノと向かい合うことは、自分と向かい合うこと。

だって、いっときは気に入って手に入れてきたモノたちだから。

貴女が1つ1つモノに対する思いは、あなたにしか分からないもの。

モノの整理をはじめるときは、家のはじっこになる一番小さい場所からがおススメ。

あとはあまり思い入れのない場所。

我が家ではトイレ。トイレに置いてあるモノを1つずつ手にとります。手にとって、しっかりながめてください。ながめたときに、「自分が長く楽しめるモノかどうか?」「モノが自分を楽しませてくれるかどうか?」を考えてみてください。ながめていても楽しくないものだったら「いらない」と判断してもいいです。「いらない」と思ったモノは、その場所から間引いていくんです。

イライラしない暮らしにたどりつく方法

イライラしない暮らしまでたどりつくには、上記の作業を繰り返し行います。おうちまるごとゆっくりと時間をかけて行います。時間はかかりますが、モノをながめているうちに、自分が何者かが分かってきますよ。モノが教えてくれます。

自分が何者かが分かってきたら、自分主体の片づけに近づいてきます。

自分が今、必要で、大好きなモノだけが、手元に残せるようになります。好きなモノだけに囲まれて過ごしていると、イライラは減ってきます。イライラしている自分のことも嫌気がさしてきます。そうなれたら貴女の人生は好転してきた証拠です。

イライラしない暮らしが日常的になってくると、心穏やかな毎日になります。家族の笑顔が増えます。リビングダイニングに人が集まってきます。毎日、幸せで豊かな心がキープできます。いいこともイヤなことも、平常心で、何とか乗り切れるようになります。