【後回しにしない方法】たった1つの癖が成功を逃すNG習慣

後回しにするクセを直したら、キラッキラの人生になるイメージのスライド
後回しにするクセを直すと、キラッキラの人生になりますよ

先延ばしするクセにある人は、
決断しないですむ人生を自然と選んでいます。

失敗しなくてすむし、
選択しなくてもすむ。

失望することもなく、
面目を失うこともない。

いろんなリスクから守られた人生になっています。

その代わり、
本当に欲しいものを手にすることもできない。

誇らしい気持ちにもなれない。

惜しみなく愛することもできない。

喜びを味わうこともできない。

今、やることが大事

先延ばししないで、今やることが大事。

掃除片づけを先延ばししていると、
一生、快適な空間は手に入りません。

快適空間から得られる家族の笑顔や幸せも、
一生、見ることができません。

それどころか自分に対して自信がもてず、
決断力がないので、
いつまでも自分が好きになれません。

人はいつからでも変わることができます。

モノが多くて嫌だなと思っているのなら、
先延ばししないで、
今すぐ快適空間を作りましょう。

いいことがいっぱいおきる空間に生まれ変わりますよ。

頭と心が頑固になっているとき

難題にぶちあたって苦しいとき、片づけは先延ばしにしたくなります。

そんなとき思い切ってモノを動かしてみると、
気分がグッと変わります。
そんな気分が重たい時に、
気分よくモノなんか動かせないよぉ〜と
言う声が聞こえてきそうです。

苦しいときは頭と心が固くなりがちです。手や体を動かすと、頭と心も動きます。頭と心が和らぎます。

家族の力を借りてでもやってみてください。
自分の部屋で、全然、使ってないのに、
なぜか置いているものがきっとあるはず。

このなぜか置いてあるものを処分すると、
これまでとは違う自分になれます。
今まで自分が何を大事に生きてきたかが見えてきます。


処分した後は、心がぽっかりするかもしれません。
前に進むための自分自身の決断です。

モノは瞬間的には自分を助けてくれるかもしれませんが、
最後、自分を助けてくれるのは自分自身です。

形あるものは、いつか壊れて、いなくなるものです。

自分自身は永遠です。物事の決断を後回しにしてはいけません。

今を生きる

苦しいと感じる課題に答えをだそうとしても、
答えがなかなか見つからないときがありますね。

いったん「できない!」自分を受容してみてください。
手元の作業に専念していると、
答えは勝手に向こうからやってくるものです。

何でも自分で仕切りたいという欲を捨てたときに、
自分を超えた大きな力に結果をまかせてしまったほうが、
人生はうまくいくこともあります。

生きていくのに恐怖心が強い人は、
過去に生きている人です。

心配事が多い人は、
未来に生きている人です。

幸せに生きていくためには、
いまを生きることです。

いまを生きるためには、
今の生活の足元を固めることです。

足元が固まっていないと、前には進めません。

まずは生活の基盤となる衣食住を整えること。

コツコツと日々の暮らしを積み上げることです。

家事は心のバロメーター

人生山あり谷あり

いい時は気分よく過ごしている人が多いです。
嫌なことがあったり、
辛いことがあったり、
心配事があったりすると、
途端に日常生活のリズムを崩す人がいます。

どんなときも日常生活のリズムを崩さないことです。

日常の家事は心のバロメーターです。

コツコツ丁寧に繰り返し行っていると、悪いことはなくなり、
生活は好転していきます。
チャンスをつかむときを見逃しません。

目の前にチャンスや出会いが転がってきても、
自分の気持ちが荒れていると見逃してしまいます。

家事力は、自分の心が折れそうなときに助けてくれる最後の砦です。

失敗しても乗り越えるクセが身につくと、物事を先延ばししない習慣も身についてきます。先延ばし&後回しする癖は、時には健康を崩してしまいます。失敗を恐れることよりも、後回しにしたツケのほうが怖いです。今すぐ実行です!