リビング・キッチン・クローゼットの収納家具を買ってはいけない!

買ってはいけない収納家具
収納がピンチ! 買いやすい値段だから、ついつい買っていませんか?
  • 服がクローゼットに入らない
  • 本が本棚からあふれて山積みになっている
  • なんかわかんないけどモノがいっぱい床に落ちている

そんなときに「収納が足りない!」って感じませんか?

すぐにカラーボックスを買ってしまうあなた。

収納家具は、簡単に買ってはいけません!

収納家具をすぐに買ってはいけない

最近の収納アイテムは、お手頃価格です。

品質がいいアイテムは高価だけれど、
“材質にはこだわらないから、見た目がよくて、収納できる場所を増やしたい”

そういうモノは、すぐに簡単に手に入ります。

簡単に収納家具を買える時代。だから弱みもあるんです。

収納家具を買うことのマイナス要因

  • お金が減ること
  • 家が狭くなること
  • 掃除が面倒になる
  • モノのメンテナンスが増える
  • 簡単に手放せなくなる

収納家具が多すぎる家が多い。便利そうと思って、買った収納グッズや家具。押し入れの奥に眠っていませんか?

家具は、一度、購入すると、精神的に手放しにくくなります。

かさばるから、手放すときも一苦労。体力も精神力も必要です。

「せっかく買ったし、置いておくか」となります。家がどんどん狭くなっていきます。

購入前が大事です。収納家具を購入するときは、よく考えなきゃいけないんです。

収納は多くても、少なくても、どっちも暮らしにくい。バランスが大切。モノにはメリット・デメリットが必ずあります。安い収納家具にもデメリットはあります。買う前が大事です。よく考えをめぐらす時間が不可欠ですね。