主婦は楽しく節約がいいね。片づけすると、貯金が増えるって知ってた?

3つ折りした1万円札
片づけして、この人が増えるとラッキー

片づけをすると、お金が貯まるといわれています。

1.家がキレイになると、すべてのモノを把握できるようになります。その結果、不要なモノを買わなくなり節約できます。

2.キレイな家で過ごしていると、安心・安全・健康な家です。その結果、仕事効率があがり、収入が増えます。

このメリットは、どうやったら受けられるの?

モノと向き合う

モノを大切にするということは、収納することではありません。

ひと昔前、モノがなかった時代は、そういう考えもありました。

今は放っておくと、大量にモノが家に入ってくる時代。

とりあえずとっておく時代ではなくなりました。

モノを大切にするということは、「モノと向き合うこと」です。

いつか使う日まで、とりあえずとっておくのは、モノを粗末にしている証拠。

「いつか」といっている人に限って、「いつか」はきません。

使わないモノ・必要ないモノこそ、「どうして買ったのか」「どうして使っていないのか」をちゃんと考えてあげること。

そして、最良の手放す方法を考えること。

そうしてはじめてモノは大切にできます。

大切に手放すことで、お金が貯まる

モノを手放すとき、いかに手放すモノを大切にできるかどうかが大事です。この先の家計状況が変わってくるからです。

例えば、こんなこと感じませんか?

  • メンテナンスが面倒だったから、使わなかった
  • デザインや縫製が安っぽいから、着れなかった
  • 家のインテリアと合わないから、気に入らかなった
  • サイズが合わなくなったから、この先も着ない
  • ヨレヨレの子ども服は着せたくない

モノを手放すとき、こういうことに気がつく人は、次に買うときには気をつけるでしょう。

次、買う前には、メンテナンスが簡単にできるかを、しっかり調べます。また、デザインや縫製が安っぽくないか等、素材を確認するためにも、試着をとことんするようになるでしょう。

だんだん簡単にモノを買わない人になります。

結果、モノが増えて、掃除が面倒なことにもなりません。余計なモノを買わないので支出も減ります。

使わないモノ・必要のないモノを手放すときの気持ちを大事にしましょう。買い物の失敗は、将来、お金を増やすための勉強代です。