家事・子育て・仕事を頑張る女性の気持ちを軽やかにするコラム

子育てを通した自分育て!親子で才能を発見して楽しむコツ

 
子育てを通した親育て。子育ては迷路みたいなもの。あっちいったり、こっち行ったり試行錯誤しながら。
この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
暮らし遊び舎代表。Webサイト「暮らし遊び村」編集長。 家事・子育て・仕事を頑張る女性が、もっと暮らしを楽しめるコラムを執筆。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】のテーマで発信。
夫・長男(20歳)・次男(18歳)の4人家族
詳しいプロフィールはこちら

人にはそれぞれ持って生まれた才能があります。

勉強が得意な人、絵が上手い人、絶対音感がある人、スポーツができる人

美味しい料理が作れる人、掃除片づけが好きな人、雄弁な人・・・

(大阪弁が得意な人、どこでもオナラできる人、公園の鳩を手づかみできる人・・・どうでもいいやろ)

それぞれが輝いているから、どちらがいいとも悪いともいえない。

それぞれの形で、世の中の役に立っているから大丈夫。

しかし、才能を活かす人生を送っているかどうかは、その人次第。自分が自分の持っている才能に気が付いていないと活かすことはできませんね。

 

不器用だから損。器用だから得。

そんなことはなくて、どちらもいいこともあれば悪いこともある。

それぞれの悩みを抱えていて、がんばっているんです。

 

そんなことを教えてくれる子育ては、親としての自分自身を成長させてくれるもの。

子どもに寄り添う子育てをしていると、親としての自分の人生を振り返る機会がいっぱい。子どもの才能だけでなく、自分の才能を再発見することが多々あります。

「あ~、私ってこんなことが他の人よりできるやん」

「これって仕事にできるほどの特技やったんや」

など・・・

暮らし遊びライターなんて、子どもがおらんかったら、絶対、できひんかった仕事。こんなん思いつかへんかった。

 

子育てって何歳で終わり!ってことがありません。ほんまは終わりになるとラクなんですけど・・・ね。(あーうちには20歳になる息子がいるから、もう終わりにしたいんやけど。ちょっとグチ。)

子どもは何歳になっても迷路のように行きつ戻りつ。時には、穴に落ちて失敗も。きっとそれは親も一緒。子育ては自分育て。子育てをとことんやったお母さんは、自分育てもしっかりできているはず。

子どもが小さい時に遊んでいた木のおもちゃ。

私の自分育ては、暮らし遊びライターとして形にしました。子育てしながら、衣食住に伴う家事を「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤した日々。たまたま出会った仕事を丁寧に取り組んできた結果、発見できた才能。

子育てや家事を頑張る女性が、仕事と両立させたい。

もっともっと暮らしを楽しみたい。

そんな女性たちのお役に立てると嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
暮らし遊び舎代表。Webサイト「暮らし遊び村」編集長。 家事・子育て・仕事を頑張る女性が、もっと暮らしを楽しめるコラムを執筆。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】のテーマで発信。
夫・長男(20歳)・次男(18歳)の4人家族
詳しいプロフィールはこちら

今までの私の実績を全部つめこんで、しかも無料で遊んでいただけるようにしました。


【今すぐできる無料!暮らし遊びタイプチェック】公的機関などでお母さんを対象に、延べ3,250人、6,800時間の相談実績をもとに創りました。

子育てや家事、仕事を頑張る女性のタイプが、たった1分で分かります。ダウンロード不要です。上記画像をクリックしていただくだけ。

是非あなたの暮らしをもっと楽しくするためにお役立てください。

Copyright© 暮らし遊び村 , 2021 All Rights Reserved.