家事や子育てに悩む、お母さんたちの気持ちを軽やかにする

自分育てしながら良き出会いあり!40代大人女性が始めた習い事とは?

 
大人の趣味。ピアノレッスン。
この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
暮らし遊び舎代表。Webサイト「暮らし遊び村」編集長。 家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。 【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマが得意です。2人の男子の母。

オンラインコミュニティ「暮らし遊び広場」主宰。早寝早起きして、家事や子育てを優先した働き方を探求する場所です。一緒に暮らし遊びを楽しみませんか?
詳しいプロフィールはこちら

昨日は「自分らしさを着る」を探求するためのウィンドウショッピングに行ってきました。今年の夏、スタイリストさんのファッションアドバイスを受けてから、「今まで利用していたブランドに行きたい!」と思っていました。やっと実現。

自分に似合う服を見つける眼が養われたあと、今までいいなぁと思っていたブランドを見てみる。そんなとき、自分はどんなふうに感じるのかを知りたかっただけ。

うん、私なりの審美眼が成長していました。

やっぱり今までのブランドは卒業することに。これからは新しく出会ったブランドで、自分らしさを着るという新たなチャレンジをしていきたいです。

 

今年は春から秋にかけて、新しい習い事を8こ始めました。志を諦めたくなかったから。

そのために、今まで習っていたピアノとピラティスはお休みすることにしました。自分育ての予算オーバーになり、家計が圧迫されて、しんどいなぁ~というのが現実。

 

ひとつめが『上阪徹ブックライター塾』。Web記事を書く仕事に慣れてきたこともあって、そろそろ暮らしに関する本を書ける人になりたいと思ったのがきっかけ。他著でもいいし、自著でもいいし。そんな気楽な気持ちで参加しました。

ゆるフワッとした軽い気持ちだったのに、とんでもない人生の方向転換が起こったのです。

「ありきたりの日常の良さを伝える本を書きたい」

上阪塾主催のヒットメーカー編集者さんが集まる会で、何度となくアピール。そんなとき、むととで『暮らし遊び村』というブランド立ち上げを手伝ってくださる方との出会いがありました。

 

それが2つ目の習い事につながるきっかけ。私が頭の中で「やりたい、やりたい」と思い描いているまとまりのないことを、お客様に分かりやすいブランドとして成立するように、言語化してくださるコンサル。3ヶ月間みっちりとマンツーマンで。自分がやりたかった暮らしのこと、しゃべりつくしました。

同時進行で3つ目の習い事。『暮らし遊びライター』としてのプロフィール写真撮影に向けて、スタイリストさんのファッションアドバイスを受講。コンタクトからメガネ暮らしに大変革しました。

買い物は若い頃から大好き。でも、子育て中、着る服はいつも決まっていて、家では同じのばっかり着ていることが多いです。今、家で着る服で好きなのは、洗濯機で丸洗いできる服。

くつ。甲高・幅広の足に合うブランドは決まっています。他のものをはくと足が痛くなるので、4足くらいで十分。

キレイにするのは好きだけれど、キレイになるために多くの時間を使うことは面倒くさい。メイクなんて10分が限界。

レイナさんのプライベートメイクレッスン。レッスン後、購入したメイク道具。

そこで4つ目はメイクレッスン。せっかく似合うメガネが見つかっても、今までと同じメイクでは台無し。そこで、メガネスタイルにぴったりのメイクを学びに行きました。

さらに5つ目はランジェリーアドバイスを受講。自分に合うランジェリーは、胸の大きさや心持ちまで大きくなることを実感しました。高いから良いのでもなく、安いから悪いのでもない。見えない部分だからこそ、自分に合っているものを身に付けることで、服が映えます。より自分らしさを着ることができるのでしょう。

 

これで習い事はおしまいにして、そろそろピアノとピラティスにもどろうかなぁと思っていたところ。上阪塾で出会った、クックパッドのカメラマンさんが写真講座を開催されるとのこと。

写真は撮るのも撮られるのも苦手。

でも、ここらでそろそろ苦手意識から脱却したいと思っていたので、「申し込みします」と即決。カメラマンさんにも頼っているけれど、コラムやインスタで「こんな写真が欲しい」と思ったときに、サッと自分で撮れたらいいですよね。

これが6つ目の習いごと。

 

7つ目はオンラインコミュニティを作るためのコンサルを受講。

そして8つ目。コミュニティでは複数のメンバーさんに向けたライブをするので、ボイトレを受講。原稿を読んだり、緊張すると棒読みになる癖があるので、克服するのが目的。

 

我ながらよくやりました。ピアノとピラティスに戻れるのはいつのことかしら?という状態ですが、えっちらおっちらと新しい知識や経験を、暮らしにちょっとずつ取り入れています。新しいことを取り入れるときは、空白の時間が必要です。

自分となじませるための時間。

歯を磨くかのように、自然に新しいことを暮らしに溶け込ませていくための時間。

そんな時間をたっぷりとることで、習ったことが自分のものになり、自分らしさと融合していくのです。

雨に濡れた庭の植物。

今は午後12時。早めのお昼を食べて、コラムを書いています。雨がしとしとしと・・・

雨の音はにぎやかだけど、落ち着きます。

庭の草木が雨のしずくで美しい。ポタポタと土に跳ね返っています。

途中でメールのチェック。久しぶりの友達からきたメールが。友だちはいいものです。

雨は降りやみません。

この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
暮らし遊び舎代表。Webサイト「暮らし遊び村」編集長。 家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。 【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマが得意です。2人の男子の母。

オンラインコミュニティ「暮らし遊び広場」主宰。早寝早起きして、家事や子育てを優先した働き方を探求する場所です。一緒に暮らし遊びを楽しみませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2021 All Rights Reserved.