シンプルライフで節約生活始めました。貯金が増える!増える!増える!

欲しいものリスト
愛用の手帳に「欲しいモノリスト」を記入。ボーナス時期には欲しいモノいっぱい書いています。

お買い物は楽しいですね。

でも、お買い物するまでの時間も楽しいと思いませんか?

欲しいものリストを作る

月ごとになっている手帳に、欲しいものを書いていく場所をつくります。

〇月になったら、これを欲しいなぁというものを、その月のページに書いておくのです。ボーナスのころに集中するパターンでも大丈夫です。

そのリストには、「食品・日用品以外のすべて」を書きます。

例えば、自分用のファッションアイテム・食器・インテリア用品・子どもたちの服・電化製品等。

「すぐには必要ではないけれど、いいものが見つかったら欲しいものたち」です。

欲しいものリストの活用法

ちょっと時間ができたときは、このリストにのっているモノを探すために、買い物に行きます。

欲しいと思っているモノって、不思議と目に入ってきます。そうやっていろんな種類を見ているうちに、目が養われてきます。

どんどんと欲しいアイテムが具体化してきます。「色はこんな色がいい」「素材や大きさはこれくらい」「こういうデザインがほしい」など。

目が養われてから、購入するので、かなりいいものに出くわす可能性が高くなります。

欲しいものリストから排除するもの

欲しいものリストに書いているのに、だんだんいらなくなってくるモノってあるんです。

何年も持ち越しで、購入にいたっていないモノ。

こんなものはありませんか?

欲しいものリストを作っておくと、このような買い物の失敗はありません。

買うまでの間、悩んでいるので、イメージが具体化された欲しいものと出会ったときの感動はいうまでもありません。幸せ度がグーンとアップします。

欲しいものに出会うために、ウィンドウショッピングしているときも、「何が欲しいのか」が明確なので、店員さんとのおしゃべりも盛り上がります。

モノを購入するときは、最終的には予算が重要です。お金をかければ良いものが見つかるわけでもありません。

予算との兼ね合いの中で、厳選されたいいモノを選んでいけると、人生の満足度があがります。

欲しいものリストをつくって、モノを買うまでの時間を楽しんでみませんか? お買い物の充実感がアップするので、暮らしの豊かさが倍増しますよ。