ピアノ教室ブログには何を書くの?インターネット集客できる書き方やネタ

ピアノ教室の先生にとても多く、ありがちなのがコレです。

ターゲットが同業者

 

つまりブログを書いている時、何かについて困っている未来の生徒さん(読者さん)のことを考えているのではなく・・・

 

かたずきん
かたずきん

○○先生(音大時代の友人)や○○さん(今、教室に通っている生徒さん)、読んでくれているかなぁ。今日あった楽しい出来事書かなきゃ。より見映えのいい写真を撮って、見栄を張るんじゃー!

 

という、読者さんを置き去りにしてしまっている悪い例です。完全に先生の日常を報告する日記になってしまっています。

 

と言うわけで今回は、ピアノ教室の集客ブログの書き方について解説していきます

 

ピアノ教室ブログでやってほしい、ブログの書き方

ピアノ教室ブログで、やってほしいブログの書き方

記事を読む人はだれ?

困っている人は誰?

誰が読んでくれているのかを考えてブログは書いてほしいです。

 

だからって、今、知っている人がターゲットでは、未来の生徒さんはきてくれません。

生徒募集するためにブログを書いているのなら、未来の生徒さんを他0ゲットにしましょう!

 

これさえ忘れなければ、日記風なブログを書こう!なんていう気持ちにならないはず!

実際、生徒さんが目の前にいたと仮定して、

同じような言葉を使うかな? どんな説明をするだろう? 

そんな想像力を持って記事を書くと、読者さんにとって親切な文章を書くことができますよ。

 

かたずきん
かたずきん

日記風に書いた方が、きっと先生に親しみがわいてくれるはず!

うわ~、こんなところでランチするんだ!

今日はそんなところにお出かけしたの?

そう思われると、生徒も増えるし集客もうまくいくのよ・・・

 

わたし
わたし

お悩みワードで検索からブログに来る人は、最初から「この先生はどんな人だ」なんて思いながら記事を読みません。

 

とにかく自分の悩みを解決したいだけ・・・

 

「ピアノ教室 オンラインレッスン」で調べる人は、オンラインレッスンできるピアノ教室を探しているだけだし、「ピアノ教室 集客」で調べる人は、ピアノ教室に生徒が増えなくて相当困っている人、どうにかしたい人だと想像できますね。

 

そんな時に、たどり着いた記事が日記だったら、問題解決できなくてガッカリするでしょう。

 

 

ピアノ教室のブログには、どんなネタを書けばいいの?

では、ピアノ教室のブログ集客において、記事ではどのようなネタを書いていけば良いのか悩みませんか?

よく見かけるのは、「今日は、こんな子供の生徒さんがきて、こんな教本を使って、こんなレッスンをした」というレッスン報告記事。

 

こういった記事も時には必要ではあるのですが、これだけでは集客できません。

 

キーワードはロングテールを狙おう

ブログからの集客を目的とするのであれば、やはり検索からの流入は意識した方が良いでしょう。しかし、ビックワードと言われるキーワードを使って記事を書くとなると、検索上位に入るのは難しいです。

 

ピアノ教室ブログを始めたばかりで、ドメインパワー(サイトの力)が大きくなるまでは「ロングテールキーワード」といって、ニッチなキーワードでネタを掘り起こして記事を書くことをお勧めします!

 

例えば、「ピアノ教室」の1語だけで、ブログ新参者が検索上位に入ることは難しいでしょう。

だから、「ピアノ教室 子供 ○○市」など3キーワードにすることで、ニッチな市場に入ることが可能です。「○○市で子供のピアノ教室を探している人」と読者のターゲットを絞ることもできますね。

この3つの単語なら、ライバルも減って、比較的簡単に検索上位に表示されるようになるのも夢ではありません。

また、ロングレンジキーワードではターゲットをぐっと絞って集客できるので、記事も比較的書きやすいです。

 

かたずきん
かたずきん
ピアノ教室ブログには何を書けばいいの?

ネタが思いつかない・・・

ピアノ教室のサイトでお勧めなのは、実際、生徒さんの悩みや事例をネタとしてキーワードを検索することです。

 

記事の最後は、読者が次の行動に移しやすくしておく

 

かたずきん
かたずきん

生徒さんのお悩みを記事ネタにして、専門用語をできるだけ省いたから、やっと分かりやすい記事を書けるようになったぞ!

 

でも、生徒はまだきてくれないなぁ~

 

ピアノ教室のブログ集客では、読者が次に行動を移せるようなものを置いておく必要があります。

 

例えば・・・

 

 

  • 「お困りの方は、気軽にご相談ください!」という文言と「お問い合わせボタン」
  • 予約カレンダーの設置
  • 申し込みフォームの設置

 

など、記事を最後まで読んだ人が、しっかり次の行動を起こせるようにしておきましょう。

 

間違ったブログの書き方では集客できない

次に行動を起こせるものを置いておく前提として、ブログ記事が分かりやすかったり、記事ネタがユーザーの悩みに寄り添ったものだと言うことが大事だという話をしてきました。

 

結局のところ、最後まで記事を読んでもらうことでユーザーは悩みを解決できるのです。

 

だから、最後まで読ませる書き方や、そもそも読んでもらうための記事ネタがしっかりしていないと、あまり意味がありませんね。

 

ピアノ教室のブログ書き方:まとめ

 

今回のポイント

読者さんに分かりやすいブログ記事の書き方

検索結果に反映される記事ネタ

読者さんに次の行動を起こさせるものを設置

 

まずは、この3点を意識してブログを書いてみると良いでしょう!