生徒募集で新規がこないピアノ教室とは?口コミされるポイント

新規で生徒さんが入会されないピアノ教室の理由はなんだと思いますか?今、通っている生徒さんからの紹介や口コミが全然されていないからなんです!

新規生徒さんのお問い合わせがこないピアノ教室の特徴は、「ピアノ教室の存在を認知されていない」「ターゲットのいない場所で集客している」ことも理由として挙げられます。

口コミや紹介されやすいポイントは、教室のコンセプトやUSP(独自性の強み)が明確で伝えやすいこと!

というわけで今回は「口コミや紹介されやすいピアノ教室の特徴」について書いていきます。

 

口コミや紹介されやすいピアノ教室の特徴

新規がこないピアノ教室の理由は?紹介や口コミされるポイント

新規生徒さんがこないピアノ教室は、集客したいという想いとは裏腹に、あなたのピアノ教室の存在が認知されていないからです。

「こんなピアノ教室が有るんだ~」と認知されて始めて、集客につながるのです。

紹介や口コミだけでなく、チラシで広告を出したり、ブログやホームページで検索上位に表示されるための努力も必要でしょう。また、SNSやyoutubeでフォロワーを増やし、ファンを増やしていくこともよいことです。

いろんな媒体を上手に使いこなして認知活動して始めて、集客につなげていくことが可能です。

だからこそ、最初にターゲットがいる場所をリサーチすると、ターゲットが使っている媒体が分かるので、最短で集客率がアップします。

 

ターゲットがいる場所で生徒募集する

生徒募集するには「あなたの教室の存在を知ってもらう」ための活動をしなければいけません。そのためにも、あなたのターゲットがいる場所をリサーチしましょう。

ピアノ教室に新規の生徒さんから問い合わせがこないのは、あなたがターゲットのいないところで集客しているから・・・

そもそもターゲットを決めていなければ集客はできません。「たくさんのお客様に来て欲しい」「誰でもいいから来て欲しい」というのでは、最も集客できません。

まずはターゲットを決めて、そのターゲットが何に関心を持ち行動しているのかをリサーチしましょう。Google検索をするタイプなのか? SNSをよく閲覧するタイプなのか?チラシを見るのが好きなのか?など、よく調べてみましょう。

例えば、集客には今はインスタグラムが流行っているからいいと聞いて、インスタグラムを使って集客活動しようと思っても、あなたのターゲットがインスタグラムを使わないタイプだったら、いつまでも集客はできません。

 

webマーケティングって必要?

今、「10〜30代はネットでピアノ教室を探す」「40代以上はネット以外からピアノ教室を探している」パターンが多いです。

ピアノ教室の対面型レッスンは、地域密着で人対人を大事にするということに変わりはありません。口コミや紹介でピアノ教室を選ぶ方が多いのも、そんな理由からでしょう。

ただ、最近ではオンラインピアノレッスンに切り替える教室も増えています。先の見えない新型コロナウィルスの影響です。オンラインピアノレッスンで集客するとなると、ネット検索で検索上位表示される必要があります。

しかし、集客対象が全国まで広がりますから、HPの運営やブログを書くことが好きなら試してみてはいかがでしょうか?

より安定した経営につながります。

 

新規生徒獲得は紹介や口コミが圧倒的

ネット集客する方法も伸びていますが、対面型のピアノ教室は人から人へ口コミや紹介で広がる方が圧倒的に強い業界です。

どの業種でもそうですが、良い情報や良い価値は人に紹介したくなるので、口コミで広がっていきます。

私自身はWebマーケティングを得意としていますが、世の中がWebで埋め尽くされても、Webを見た後、口コミや紹介で広がる方が拡大しやすく、認知されるまでの時間が早いと感じています。

Webは手段や道具に過ぎず、人を動かすのは人だということを常々、感じているところです。

 

紹介や口コミされやすいピアノ教室

紹介や口コミがされるには、どうしたらいいのでしょうか?

あなたの生徒さんが友人同士や家族でいたときに、あなたの教室の話題を出してくれたり、教室の特徴を思わず言ってくれるかどうか・・・なんです。

特徴とは相手の印象に残ることで、ピアノ教室のコンセプトやUSP(独自性の強み)になります。

生徒さんの先生やレッスンに対する満足度が高ければ高い程、思わず口コミしたくなるものです。

 

ピアノ教室がブログを書くメリットとデメリット

地域密着型での集客はバッチリだから、次のステップとしてブログ集客を考えている先生も多いことでしょう。

ここではブログ集客のメリットとデメリットについて書いておきたいと思います。

 

ブログのメリット

 

  • Web上に自分の世界を構築できる
  • 自分の代わりに働いてくれる
  • ネットから世界中とつながれる
  • きてほしい生徒さんが来てくれる

 

ブログのメリットは、web上に自分の世界を構築できること!

ピアノ教室なら、ネット上に自分の教室を開店し、レッスン室やレッスン風景、先生のプロフィール、自分だけしかできないオリジナルレッスンの内容など、自分の書きたいものを書いてアピールすることができます。

誰に何を言われても自分の世界観を出すことができ、ピアノに対する考えや想いなどを書くことができます。

ブログを書き続けて成果を出すことはすごく大変ですが、自分の有料ドメインとサーバーを持っていれば実現可能です。

アメブロなど無料ブログがありますが、サービスを終了すると強制的にブログが削除されてしまうのでオススメできません。せっかく書いた記事が、サービス終了で削除なんてもったいないです。

オフライン集客で限界があるところを、オンラインでは世界中とつながることができます。ただ、ブログは書いても「見ない・読まない・信じない」と言われているので、読んでもらえるようになるまでにはかなりの時間がかかります。

それでも、ブログを読んでくれれば、ブログは自分の代わりに働いてくれる強力な味方。私が寝ていようと仕事を休んでいようと、ブログが代わりに集客マシーンとして働いてくれます。

正しく運用すれば、きてほしい生徒さんが集まってくるので、とても教室運営が楽しくなりますよ。

 

ブログのデメリット

 

  • 成果が出るまで時間がかかる
  • 一生懸命書いても見てもらえない・読まれない・信じてもらえない

 

ピアノ教室はブログで生徒が増える?

ピアノ教室でブログを書く先生も増えてきましたね。まだまだアメブロが多いところは気にかかりますが・・・。

「ピアノ教室でブログを書いたら、すぐにお客さんが来てくれるの?」と思うかもしれませんが、ブログ集客にはとても時間がかかります。

オフライン集客と併用して、ピアノ教室の生徒さんの悩みに答えるような記事を書くことをおススメします!

ピアノの悩み解決やハウツーなど専門性のある記事を7割、先生の人柄がわかる記事を3割書くとバランスがいいブログとなります。

専門性のある記事は、なるべく専門用語を使わずに、小学5年生が読んでもわかるくらいにすると伝わりやすいです。難しい専門用語はすぐにブログから離脱されてしまう原因になりますよ

また、「生徒さんからお土産をいただきました」など日記風な記事は、ブログ読者さんからすると興味はないので書かないようにしましょう。

 

サイトを検索上位表示させることが、とても難しい時代となっています。サイト運営を始めたら、youtubeやツイッターなどSNSを使って、あなたの活動の認知度をあげていきましょう。

1年以上前に書いた記事が急浮上したり、苦労して書いた記事が読まれるようになってくる喜びは日々、味わえます。Webは人の感情の動きがよく分かるので、とても面白いですよ。

まとめ

紹介や口コミを大事にするには、今、目の前にいる生徒さんを大事にすることです。「先生にこんなにお世話になった」とか「先生にいつも助けてもらっている」と生徒さんが感じていると、自然にいい口コミが増えていきます。オフラインでもオンラインでも口コミは大事ですよ!