片づけられない夫にイライラしないで、「愛してる!」と言いたい

むとと片づけ研究所の片付いたダイニング
旦那様に「愛してる」100%の声掛けで、チョイ置きゼロを目指しましょう!

旦那様が片づけられなくて、イライラしていませんか? 旦那様の部屋だけ散らかっているのを見ると、イラっとくるという奥様。せっかく片づけて掃除しても、すぐに散らかって、汚されてしまって、やる気を失ったという奥様もいらっしゃいました。勝手に片づけたことで、逆ギレされて、イヤな思いをしたという奥様のお話もよく聞きます。

片づけられなかった夫

夫と結婚して20年以上。
結婚当初の夫は、何でもかんでも出しっ放し。
チョイ置きがクセでした。

片づけが苦手だと気付いたので、出したものや着たものが元に戻る場所を指定していくようにしました。チョイ置きしているタイミングを見計らって、うるさがられない程度に声をかけるようにしました。

「○○く〜ん、靴下は洗濯カゴにお願い。
本は本棚にもどしてね。」
こんなゆるゆるの会話を繰り返していました。

夫は片づけをしない家で育ったので、片づける習慣がなかっただけでした。

そんな夫と結婚したときは、片づけるクセをつけてあげる必要があります。

片づけは習慣になると、誰でもできるようになります。やり方を知らないだけなんです。

今は成長しましたよ!

寝る前には、出したモノや使ったモノは元の位置に戻るようになっています。

私の目元が垂れ下がるくらい笑顔です。

夫を片づけたい⁉

片づけコンサルティングで

「今、一番、片づけたいものはなんですか?」
と質問すると
「夫」と答える方がいます。

そんなふうに答える奥様って、
旦那様より奥様の持ちものが圧倒的に多いんですよ。

奥様自身が自分のモノが多くてウンザリしているから、
夫の存在そのものも目障りに感じるのです。

奥様が片づけられなくなった原因は、旦那様にあると思っている方もいます。

もっと素敵な旦那と結婚していたら、私は喜んで片づけしていたのになぁなんておっしゃる方もいます。

どんな男性と結婚しても、片づけをするかしないかは自分の気持ち次第です。

いろんなことを言い訳にしているので、夫婦関係もぎくしゃくしているのです。

「自分が黙っていることが夫婦円満でいられる」
「夫に不平不満を言うと不機嫌になって面倒」

こんな気持ちを抱えて、旦那様と向かい合っているので、奥様の気持ちはあがりませんね。

悲劇の主人公になってしまっていますから。

もっと自分中心になって、家庭を回してみましょう。

奥様専用のお部屋をつくる

奥様とっておきのスペースを、
家の中につくってみてください。

その部屋に入ると、目がパチッと見開いて、気持ちがあったか~くなるような部屋です。

家の中の一番いい場所を奥様専用スペースに模様替えするのです。

奥様が大事にしているモノだけしか置かないスペースです。

そんな部屋で、毎日、過ごしている自分を想像してみてください。

大好きなモノだけに囲まれたとっておきのスペースで過ごす時間は、まるでセレブ。うっとりします。

誰にも邪魔されない空間で、
本を読んだり、お茶を飲むだりを楽しむのです。

そんな時間を過ごすようになると、片付けられない旦那様への接し方が優しくなります。ゆっくりとやさし~く片づけのやり方を教えてあげたくなりますよ。

片づけできる夫に育てるのには、根気がいりますから。

まずは自分が気持ちいい空間を確保することです。

「旦那さんが片づけてくれない」という悩みを解決するには、奥様が片づけを楽しむことです。片づけの得意な奥様が片づけの仕組みをつくってあげること。旦那様は出したものを元にもどす練習をするのみ。行動を単純化してあげると、片づけられない旦那様には分かりやすいです。
奥様不在でも旦那様が家事をやりやすい部屋づくりをしておくことがポイント。奥様が忙しくて、家事が疎かにになる日でも、旦那様がやっておいてくれるようになりますよ。