片付けられない人が現実逃避したいとき、しない癖をつける対処法

現実逃避で苦しむ女性
何もかもイヤになるとき、どうやって乗り越えますか?

片づけと心の問題は切っても切り離せません。

自分の目の前でおこっている現実に向かいあいたくないときってありますね。

そんなとき、うんしょ・うんしょって乗り越えていますか?

現実に向き合う

不幸や不安・イヤなことには、できるだけ目をつぶっていたいです。

見て見ぬふりする気持ち、分かります。

例えば

  • 大きな病気にかかった
  • 受験に落ちた
  • リストラされた
  • 人間関係のトラブル

など、誰でも経験があるのではないでしょうか?

そんな目をそむけたくなるようなイヤな出来事には向き合いたくありません。

現実逃避したくなります。
しかし、しっかり向き合うしか解決方法がないのです。

問題解決への第一歩を踏み出せます。

次のステージに進めるようになると、楽しいことが待っています。

現実逃避したいから、趣味や旅行して気分転換もいいかもしれません。

でも、嫌な出来事や、不安や悲しみはなくなりません。

旅行から帰ってくると、思い出します。楽しい時間は、あっという間に過ぎ去ります。

だったら、はじめから辛いけれど、嫌な出来事と向かい合ったほうが得。

辛くて一人では向い合えない時もあるでしょう。

話をじっくり聴いてもらえる誰かを見つけるとラクになれます。

イヤな出来事に引きずられないこと

いつまでもイヤなことに引きずられることが、不幸を増長させます。

一歩踏み出す勇気が必要です。

誰かに話を聴いてもらうことは最適です。心が緩やかになっていくのを感じられるはずです。

次の行動をおこせるようにことは、貴女にとってはスゴイ一歩。
生まれ変わったあなた。
新しいヒトとしてスタートできますね。

イヤなことをごまかしたり、
逃げる癖をつけてしまった大人は大変です。

何らかの依存症になって、苦しんでいる方を、たくさん見てきました。

片づけから逃げてきた貴女は60歳過ぎると大変。

早いうちに片づけできるスキルを身につけましょう。

スキルさえ身につけば、誰でも片づけはできるようになります。

現実逃避しない癖をつけると、いいことづくし。今、目の前の出来事に向かえるようになると、モノの整理もラクになります。過去にとらわれなくなるから。「今」を走れるようになると、モノを手放すことが、「幸せに人生を送るためのコツ」ってことに気づきますよ。