家事と子育てと仕事は、誰でも”遊び”にできる。「心技体」がつながり、「守破離」で軽やかになる。

新事業や新商品をプロデュースするお仕事がスタート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webサイト『暮らし遊び村』村長
 
2001年から13年間、「暮らし相談員」として公共機関等に出向。また、精神疾患を抱える母親のための民間施設で施設長として従事。これまで、延べ3,200人以上の相談を受け、悩みを解決。

2021年8月~ Webサイト「暮らし遊び村」をスタート。「心技体」がつながり、「守破離」で軽やかになる~ちょうらく流・暮らし遊び~。家事と子育てと仕事は、誰でも”遊び”になる。

夫・長男・次男の4人家族🏠大阪出身、東京在住。
詳しいプロフィールはこちら

『暮らし遊び村』を設立する前から、経営者さんの想いを行政に伝える文章に言語化し、目に見える形にしていく・・・そんなことを仕事にしていました。

リアルでお会いしたことのある方から、直接、頼まれたことが始めたきっかけ。

当時の私は長男を出産したばかりで、家事と子育てだけをとことん楽しむつもりで、仕事なんて続けるつもりはありませんでした。

でも、学生時代の恩師から「あなたはあなたにしかできないことは仕事にしなさい」と言われてきたので、お仕事を頼まれたときは「これは私にしかできないことかなぁ?」と立ち止まって考えてきました。

今、振り返ってみると、長男出産後20年以上、ご縁があって携わってきた仕事では、子育てと家事を優先した働き方ができるところでしか働いていません。ほぼリモートワークで、必要なときだけリアル会議に出席するというパターンで、子どもが小さいときには会議中、保育までつけてもらっていました。

独立開業するまでは、仕事が気がついたら向こうからやってきて、その都度、引き受けるかどうかは自分で考える・・・というようなスタンスで動いてきました。

 

さすがに暮らし遊び村を設立したあとは、こういう仕事のやり方とは無縁になるのかなぁと。ところが、「暮らし遊び」の広報PRをするという段階になったときに、自分が活かされる働き方に立ち戻って考える機会に恵まれました。

その結果、到達した答えは「暮らし遊びについては何も宣伝しない」ということなんです。「暮らし遊び」を広報PRしようなんて難しいことは考えずに、心のおもむくままに子育ても家事も仕事も楽しんだ暮らしをしていることが一番だなぁという気持ちに戻りました。

それでも暮らし遊びについて興味をもって聞いてくださったときには丁寧に答える準備もしておく。ホームページでもしっかり書いて整備しておく。

”私”に興味をもってもらった人は自然とホームページも見てくれるし、暮らし遊びについても聞いてくれます。もともと面白い人との出会いはワクワクするので大好きなので、ビジネスに関係なく、面白い人が集まるところに出向いていきます。

そんな自分の好きを活かすと、暮らし遊び村を創るときに培ったスキルが、他の企業さんでも重宝されることが分かってきました。

しかも、「暮らし遊び村」創設以前よりも規模が大きな形の新事業や新商品のプロデュースの仕事の依頼が、企業さんから続々とオファーいただけるようになりました。

 

私自身、今あるものを継続していくことのサポートをするよりは、ゼロにもなっていないものを、クライアント企業の方たちと共に考えていきながら形にしていく・・・このお仕事が本当に好きなのだなぁと思っています。

「あーでもない、こーでもない」と議論を交わしながら進めていくのが心地よい。

時には、こちらの伝えたいことが伝わらず悪戦苦闘することもあるけれど、そんな過程も含めて心地よいんです。

 

8月から始まった新しいお仕事をご紹介!

1つ目は、非営利型株式会社Polaris様にて「年商1億にするための新事業プロデュース」するために参画しています。”お母さん”という役割もこなしながら、心地よく”はたらく”と”暮らす”を実現する組織を目指して活動されています。創業10年を迎えられた今、さらなる飛躍のために、お声がけいただきました。

2つ目は、DESIGNART TOKYO 2022という「東京の街全体がミュージアムになる」イベントの広報PR担当としてサポートさせていただきます。私自身、メディアPRのライティング経験はないのですが、このイベントにおいてプロフェッショナルなレベルまで到達するようなメディアPRライティングスキルが養われます。また、メディア関係やデザイン関係の人脈ができることも大いなる楽しみです。会期は2022年10月21日(金) ~ 10月30日(日)です。

この記事を書いている人 - WRITER -
Webサイト『暮らし遊び村』村長
 
2001年から13年間、「暮らし相談員」として公共機関等に出向。また、精神疾患を抱える母親のための民間施設で施設長として従事。これまで、延べ3,200人以上の相談を受け、悩みを解決。

2021年8月~ Webサイト「暮らし遊び村」をスタート。「心技体」がつながり、「守破離」で軽やかになる~ちょうらく流・暮らし遊び~。家事と子育てと仕事は、誰でも”遊び”になる。

夫・長男・次男の4人家族🏠大阪出身、東京在住。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2022 All Rights Reserved.