指が動かない大人ピアノ初心者のためのピアノ練習法

ピア子
ピア子
大人ピアノを始めたけど、指が動かないのが悩み。
どういう練習をしたらいいの?

 

 

わたし
わたし
大人ピアノ初心者だったら、よくある悩みです。出したい音と違う音が出てしまったり、ファラドと弾きたいのにファソラと弾いてしまったり・・・。頭では分かっていても、違う指が動いてしまうんですね。

心配いりません。誰にでもあることなので大丈夫。

 

 

大人ピアノを始めたのはいいけど、思い通りに指が動かないということはよくあることです。そんな悩みを少しでも解消してもらいたいと思います。

 

という訳で今回は「指が動かない大人ピアノ初心者のためのピアノ練習法」について書きました。

 

 

指が動かない大人ピアノ初心者のためのピアノ練習法

指が動かない大人ピアノ初心者のためのピアノ練習法

 

弾きたい音は分かっているけど、指が違う音を弾いてしまうという現象は、大人ピアノ初心者にはよくあることです。

 

ドミソと弾きたいのにドレミと弾いてしまうようなときってないですか?

弾きたい音は理解できているのに、なぜか違う指が動いてしまうというような状況

なんか自分がおかしいんじゃないかな?とイヤになって、ピアノをやめたくなる瞬間です。

 

 

なぜ弾きたい指が動かないのか?

ピアノの動きというのは不自然な動きなのです。そもそも今まで使ったことのない指の動きをしなくてはいけません。

 

考えてみてください。10本の指を均等に使う機会って今までありましたか?

使ったことがない人がほとんど。

だから指の筋肉がピアノを弾けるようになっていないのです。そのため指を慣らしてあげなくてはいけません。子供とき習っていた方はご存知ですが、ハノンやチェルニーの練習曲をやる先生が多かったのはそのためだったのですよ。

 

10本の指を均等に使うことに慣らしてあげるだけで、指が動くようになってきます。

ただし、大人の場合は体ができあがっているので、指が動くようになるのに子供よりも時間がかかるのです。粘り強く練習しなければいけません。

 

ドミソを弾きたいのにドレミを弾いてしまう現象がおきるのは、指というのは1つの指を動かすと連動して動く性質があるから。指を1本だけ動かすというのは難しい行為なのです。

ところが、ピアノは指1本で音を弾きます。指1本で弾くことに慣れていない指だと、つられて動いてしまい、ドを弾いたらレを弾いてしまうのです。

しかし、慣れれば誰でもできるようになること。時間をかけてゆっくりと動かす練習をしましょう。そうすることで、あなたはピアノを弾くためにふさわしい体に変化していくのです。

 

 

指が動かない初心者のための鍵盤を押す練習方法

ゆっくり確実に鍵盤を押さえる練習から始めましょう

 

鍵盤の位置を体に覚えさせることが目的なので、丁寧に練習すること!

スピードはあとからついてきますので、始めは焦らずゆっくり頭で考えなくても、指が勝手に動くようになれば完成です。

 

 

①鍵盤に指を置く

鍵盤に指を1本ずつ丁寧に置いていく練習。鍵盤を見ながらで大丈夫。

どの音に指が置かれているのかを意識します。途中で指がずれてきたら置きなおします。

 

②音を出す

1音ずつ1つの指がきちんと置けるようになったら、1音ずつ音を出してみます。指を見ながらでいいですよ。

 

次に、音の名前を声に出します

声に出した音と弾いた音を耳で聞きます。つまり、自分が声に出した音が、弾いた音と合っているかを耳で確認します。

 

「今、自分はドの音を出しているぞ」ということを耳だけでなく、目でも確認しながら、身体のいろいろな機能を使うことに慣れるための練習です。

 

③指示された音を出す

誰かに「ドレミファソラシド」音の名前を順番に言ってもらいます。その次は「ドファミソシラド」なんてランダムに。

手を見ながらでいいので、指示された音を弾く練習です。

 

④手を見ないで音を出せるようにする

手元を見ないで、指示された音を出す練習をします。

最初に鍵盤の上に指を置いて準備するときは見てもいいです

 

指の感覚だけで弾く練習になるので、違う指が動いてしまうこともあります。間違えたときは「なんで違うのか」と頭で考え、音を出し直します。そのときもなるべく手元は見ないで、音をさぐっていきます。

 

⑤楽譜を使った練習

こういった一連の練習をしたあと、ようやく楽譜を使った練習に入るといいでしょう。

曲が弾ける人でも「手元を見ないで指示された音を出す」ことができない人も。

なぜなら曲練習は何度も同じものを弾くので暗記していて、指を自由に動かす応用力は身についていないから

 

指が自由に動くようになりたいなら、コツコツと「手元を見ないで指示された音を出す」練習は続けたほうがいいですよ

 

 

動かない指のための片手練習

両手を一度に動かすことは、大人ピアノ初心者には難しいです。

そんなときは片手練習から。片方ずつの手で何も考えなくても指を動かせるようになってから、両方の手を合わせて動かします

片手ずつの指の動きは体が覚えているので、両手になっても自然と指が動くはず。

頭で考えてはいけません。

 

両手だと思うと難しく感じますが、片手がスラスラとできれば両手は片手を合わせるだけなので、さほど難しいことではありません

両手で弾くという行為にも、だんだん体は慣れてきます。

 

だから、まずは片手を覚えこむくらい練習する。片手が何も考えなくても動くようになっていれば、両手で合わせても指は自然と動くはず。

もし、両手になったときにうまくいかないときは、「まだ体が覚えていないから指が動かないんだ!」と解釈して、片手練習にもどるだけ。地味ですがコツコツと繰り返し練習しかありません。

 

 

まとめ

今回は「指が動かない大人ピアノ初心者のためのピアノ練習法」について書きました。大人は体ができあがっているため、指が動かないということはよくあることです。しかし、練習をしていくことで、身体が慣れてくれば指は動くようになります。だから、指が動くようになりたいなら、身体が慣れるということを目標に大人ピアノ練習を楽しんでみてください。