大人ピアノがアッという間に上手くなるには短時間練習!

ピア子
ピア子
大人になって始めるピアノが上手くなるためには、長い時間練習しなければいけないんでしょう?
家事や仕事、子育てで忙しくて時間があまりないから心配・・・。

 

わたし
わたし
長い練習する必要はありません。毎日、短時間でも練習すれば上達可能です。

 

「大人になってからピアノを始めたい!」と思っている人も多いでしょう。ピアノが上達するためには、長時間練習が必要だと思われているかもしれません。

 

しかし、隙間時間を見つけて短時間でも練習すれば上達します。

 

という訳で今回は、「大人ピアノがアッという間に上手くなるには短時間練習!」というお話をします。

 

 

大人ピアノがアッという間に上手くなるには短時間練習!

大人ピアノがアッという間に上手くなるには短時間練習!

 

毎日のピアノ練習をどのようにやっていますか?

 

・自分の弾きたい曲を楽譜から選んで練習する人
・ユーチューブを見ながら練習する人
・ピアノレッスンで習ったものを練習している人
・ピアノ教本を使って独学している人

 

こんなふうに人それぞれ練習方法を見出していると思います。しかし、本当に正しい練習方法で練習している人は少ない・・・。

 

そこで、家事や子育て、仕事で忙しい人でも短時間の練習でピアノが上達する練習方法をご紹介します。

 

 

考えながら練習すること!

長時間やみくもに練習すると上達すると考えている人も多いでしょう。確かにプロのピアニストは長時間練習します。しかし、プロはやみくもに長時間ピアノを弾いているわけではありません。

 

ピアノ練習で大切なことは、1つ1つ練習している内容について考えること!

 

・この練習曲はこういうスキルを身につけるために勉強しているんだ

・この曲はこういう体の使い方を覚えるために弾いているんだ

・ここがフォルテなのはこういう音楽の流れになっているからだ

 

こんなふうに「今、弾いている曲は何の練習のために何を学びたいために練習しているか?」を考えていますか?

 

ぜひ1つ1つ考えてみるクセをつけてください!

 

 

まずは片手ずつ練習すること!

大人ピアノ初心者は片手ずつ練習すること!

 

ピアノは両手一緒に弾く楽器ですが、大人ピアノ初心者がいきなり両手で弾くのは難しいです。

 

運指や音を1つ1つ確認しながら片手ずつ練習します。片手でスムーズ弾けるようになったら、両手で弾く練習に切り替えていきます

 

片手で弾くことで、楽譜の細かいところに注意が払えるようになります。リズムや音の間違いにも気づいたり、指使いも気をつけるようになります。

 

 

楽曲を弾く前に基礎練習をすること!

大人になってからピアノを始めた人は「好きな曲しか弾きたくありません」という人も。もちろん、上達を求めてい人はそれでもかまいません。

 

ここでは大人になってからピアノを始めて上達したいという人にむけて記事を書いています。

 

だから、楽曲を弾く前に基礎練習をしてほしいと思います・・・。5分で十分。

 

 

基礎練習をするかしないかで、大人ピアノの上達度は変わってきます。

基礎練習で使う教本は、ピアノ教室に通っている人は先生が準備してくれます。

独学の方は、今の自分のレベルにあったものを選ぶこと!ピアノを弾きなれた人はハノンチェルニーを基礎練習に使いますが、大人ピアノ初心者が同じものを使って練習しても腱鞘炎の原因になることも。自分のレベルにあっているものを、できるだけゆっくりと弾く練習をしてみてください!

 

基礎練習をしたあと楽曲を弾くと、驚くほどなめらかに弾けますよ

 

 

間違ったところは部分練習すること

間違って弾いていたり、つまずくところをごまかして通過しないこと!

 

1曲を通して弾きたい気持ちは分かりますが、間違いやつまずきはチャンス!

 

きちんと止まって、部分練習しましょう! 

 

人間なので得意不得意があります。「すぐに弾けるようになるところ」と、「何回練習しても弾けるようにならないところ」がでてきます。

1曲を通して弾く練習ばかりしているとスラスラ弾けるところが、どんどん上手になるだけで、できないところはできないままに。

だから、部分練習をとりいれなければ、いつまでも全体をスラスラ弾けるようにはなりません。

 

部分練習でうまく弾けるようになってはじめて、1曲通して練習してみてください。そうしたら、また別のできないところが見つかるかもしれません。そこを反復練習する。そんな行為を繰り返して、できないところをできるようにしていってこそ、いい1曲が仕上がります。

 

 

始めはゆっくりめに練習すること!

1つ1つのフレーズが間違えないで弾けるようになる速さまで落として練習します。

 

ゆっくりペースの練習のほうが、間違えているところが目立ちます。

指使いや強弱のつけ方、音、リズムなど1つずつ注意深く目で見たり、耳で聞こうとする意識が高まります。

自分にとっての苦手・・・が見つかるので、どこを重点的に練習をすすえめていけばよいのかが明確になります。

 

楽譜の指示に従って、ゆっくりペースで完璧に弾けるようになったら、もとの速さにもどしましょう。

 

 

隙間時間でも毎日ピアノを触ること!

短時間練習で上達するためには、隙間時間の10分~20分でもいいから毎日、ピアノに触ることです。

 

毎日、ピアノを触っていると、間違えたところを忘れません。今、弾けているところはキープできます。

 

そうすると少しずつですが、先にすすんでいくことができます。

 

 

大人ピアノ練習のおすすめ時間割

大人ピアノ練習をするときの1日の時間割を考えてみました。とっても忙しい方向け1日30分にしています。

 

10分間 基礎練習

まずは基礎練習から。

ドレミファソラシドの音階練習やテクニック練習できるような教本を準備しましょう!今のレベルに合わせた簡単なもので十分。8小節くらいの短いものが最適。

 

とても単純ですが、指をなめらかに動かすために必要な練習です。

 

5分間 楽曲を弾く

一度、通して楽曲を弾きます。

弾いてみて難しいところや詰まってしまうところをピックアップ。楽譜に印をつけてもかまいません。

 

10分間 反復練習

できないところや間違ったところを片手ずつ練習します。

片手で完璧になったら、両手でやってみます。最低でも5回繰り返し練習しましょう。

 

始めの3回はスローテンポで。自分が思っているよりかなりゆっくり弾いてみてください。

後の2回は普通のスピードにもどして練習してみましょう。

 

5分間 楽曲を1曲通して弾く

最後に楽曲を1曲通して弾いてみてください。

最初に弾いた時より、すばらしい1曲になっていることを実感してもらえると思います。

 

 

まとめ

練習時間が長いにこしたことはないですが、短時間練習でも効果的な練習をすれば大人ピアノは上達可能です。

今回は大人ピアノ初心者にはやっていただきたい練習法をご紹介しました。楽曲の前の基礎練習もお忘れなく!指がなめらかに動くためのウォーミングアップになるので、指のケガ予防に効果的。

今回の記事を参考にして、仕事や家事、育児で忙しいあなたこそ、自分のレベルにあわせた練習メニューを考えてみてくださいね!