家事や子育てに悩む、お母さんたちの気持ちを軽やかにする

プロフィール

 

長楽さつき  -Satsuki Chouraku-

むとと代表

暮らし遊びライター

 

1972年大阪生まれ 東京都在住

慶応義塾大学文学部人間関係学科卒業

 

大学で心理学を学んだことがきっかけで、卒業後は現場主義に即した学問を追求したくて、厚生労働省が認定する精神保健福祉士養成専門学校で2年間学ぶ。作業所やデイサービスの研修で、心の病気を抱える方々と出会う。

 

2001年~2004年 暮らしコラムニストデビュー。『妊婦日記』『出産日記』『朝食日記』を出版社の連載コラムとして執筆。読者の悩みに答えるメール相談も実施。

 

2001年~2013年 悩みを抱えるお母さんの暮らし相談員として働く。保健センター、子育て支援施設などの公共機関や、発達障害児のお母さんたちが集まる施設の相談員を担当。また、精神疾患を抱えるお母さんのための民間施設で施設長として従事。

 

2004年~2013年 NPO法人なのはな(静岡市)の理事(事務局長)として、幼稚園、保育園、子育て支援施設の認可設立をサポート。

 

無認可幼稚園を認可幼稚園(学校法人、NPO法人)。無認可保育園を認可保育園(小規模保育事業所、こども園)。自主運営の子育て支援施設を公設民営の子育て支援施設(静岡市指定管理施設)。

「子どもたちがありのままの自分でいられるように。子どもたちがその子らしく生きていけるような基盤を乳幼児期につくりたい」というNPO法人なのはなの想いを、行政に届く文章で形にすることをサポート。

 

2019年 独立開業、事業所名を「むとと」に。「むとと」はスワヒリ語で「子ども」という意味。アフリカでは、子どもひとりを育てるのに、100人以上の大人が一緒になって村全体で育てるという話を、幼稚園設立したときに知る。『お母さんは子育てをひとりで抱えこまず、周囲の力も上手くつかってほしい』という想いをこめて事業所名に。

業務内容としては、自立したいお母さんに向けて、片付け作業サービスを行っていた。

「衣、食、住」など暮らしに関わる記事の寄稿や、暮らし領域で活躍する専門家のライティングサポートも展開。

 

2021年8月~ 「暮らし遊びライター」としてWebサイト「暮らし遊び村」をスタート。

「むとと」や、それ以前の仕事で触れ合ってきた「悩めるお母さんたち」の気持ちを軽やかにすることを目指す。毎日の暮らしを、子ども時代に夢中で遊んだような気持ちで過ごせるノウハウを「暮らし遊び」と名付け、情報発信や相談業を行っている。

Twitterでは「暮らし遊びコラム」を毎日更新中。

雑誌『LDK』(晋遊舎刊)では毎月、固定案件を受注いただいている。

Twitter

 

好きな言葉

独立自尊

好きなこと

ピアノ演奏、買い物、庭仕事、美味しいものを食べに行くこと、求人広告と不動産広告を見ること

 

Copyright© 暮らし遊び村 , 2018 All Rights Reserved.