家事・子育て・仕事を頑張る女性の気持ちを軽やかにするコラム

プロフィール

長楽さつき  -Satsuki Chouraku-

暮らし遊び舎代表

暮らし遊びライター

 

1972年大阪生まれの大阪育ち。

現在は夫・長男(20歳)・次男(18歳)の4人家族で東京在住。

 

大学で心理学を学んだことがきっかけで、卒業後は現場主義に即した学問を追求したくて、厚生労働省が認定する精神保健福祉士養成専門学校で2年間学ぶ。作業所やデイサービスの研修で、心の病気を抱える方々と出会う。

 

2001年~2004年 暮らしコラムニストデビュー。『妊婦日記』『出産日記』『朝食日記』を出版社の連載コラムとして執筆。読者の悩みに答えるメール相談も実施。

 

2001年~2013年 悩みを抱えるお母さんの暮らし相談員として働く。保健センター、子育て支援施設などの公共機関や、発達障害児のお母さんたちが集まる施設の相談員を担当。また、精神疾患を抱えるお母さんのための民間施設で施設長として従事。

 

2004年~2013年 NPO法人なのはな(静岡市)の理事(事務局長)として、幼稚園と保育園と子育て支援施設の3つの認可設立をサポート。

 

無認可幼稚園を認可幼稚園(学校法人、NPO法人)。無認可保育園を認可保育園(小規模保育事業所、こども園)。自主運営の子育て支援施設を公設民営の子育て支援施設(静岡市指定管理施設)。

「子どもたちがありのままの自分でいられるように。子どもたちがその子らしく生きていけるような基盤を乳幼児期につくりたい」というNPO法人なのはなの想いを、行政に届く文章で形にすることをサポート。

 

2019年 独立開業。アフリカでは、子どもひとりを育てるのに、100人以上の大人が一緒になって村全体で育てるという話を、幼稚園設立したときに知る。『お母さんは子育てをひとりで頑張らず、周囲の力も上手くつかってほしい』という想いをこめて立ち上げる。

業務内容としては、仕事・家事・子育てで頑張るお母さんに向けて、片づけ作業サービスを行っていた。

「衣、食、住」など暮らしに関わる記事の寄稿や、暮らし領域で活躍する専門家のライティングサポートも展開。

 

2021年8月~ 「暮らし遊びライター」としてWebサイト「暮らし遊び村」をスタート。

延べ3,250名・6,800時間の暮らし相談業務で触れ合ってきた「頑張りすぎるお母さんたち」の気持ちを軽やかにすることを目指す。毎日の暮らしを、子ども時代に夢中で遊んだような楽しい気持ちで過ごせるノウハウを「暮らし遊び」と名付け、執筆業や相談業を行っている。

 

🔳Twitter:@mutoto888

 

実績

文章作成

SNSやホームページはもちろん、ちょっとしたメールでも自分の想いをきちんと表現することは、とても難しいものです。

長きにわたるライターとしての経験に基づいた”読者に伝わる文章作成ノウハウ”で文章を作成いたします。

個人的に文章が上手に書けない方、お仕事で使う文章力をさらにパワーアップさせたい方も、ぜひご利用ください。

  • 助成金や補助金など、行政に提出する文書アドバイス
  • ブログやコラム執筆
  • 履歴書や職務履歴書作成アドバイス
  • メール代行

 

行政申請向けの観点から新商品事業をサポート

1996年~2020年、文部科学省や厚生労働省、内閣府など助成金や補助金申請の文書作成をしていました。行政が求める書類作成は迅速かつ正確に提出することで、信頼を獲得していたので、80%の近くの案件が採択されました。

2020年度は10件の家具建具製造企業より、補助金申請のための新商品事業をサポートさせていただきました。

  • 病室の雰囲気を感じさせない天然木の間仕切り
  • 組子技術を採用した間仕切り
  • 在宅ワークできる個室空間家具
  • インテリアとして飾れる小型仏壇家具
  • 在宅ワーク空間リフォームパック

 

外部寄稿

  • United Code Limited様 「ENHANCE」Webサイト寄稿
  • 月刊誌「発達教育」コラム掲載
  • 株式会社ネットスクール様 運営サイトでコラム連載
  • 株式会社アドベスト様 運営メディアにて執筆
  • 株式会社晋遊舎様 雑誌「LDK」

その他、匿名で執筆中のものもあります。

メディア掲載

  • ひよこクラブ 様
  • 神奈川新聞 様

認可幼稚園&認可保育園&公設民営子育て支援施設設立サポート

2004年~2013年 NPO法人なのはな(学校法人藤枝スズキ学園)にて、無認可幼稚園を認可幼稚園、無認可保育園を認可保育園、子育て支援施設の公設民営化にするプロジェクトに、理事(事務局長)として参入し成功しました。

公的機関での暮らしの悩み相談員

2001年~2013年 悩みを抱えるお母さんの暮らし相談員として働いていました。保健センター、子育て支援センターなどの公的機関、幼稚園や保育園、発達障害児のお母さんたちが集まる施設に出向。

さらに、ファイザー製薬助成金事業で300万円をいただき、精神疾患を抱えるお母さんのための民間施設施設長として1年間従事。

 

事業所名:暮らし遊び舎

所在地:東京都町田市

代表:長楽さつき

営業時間:9時~16時

休日:土日祝

Copyright© 暮らし遊び村 , 2018 All Rights Reserved.