日本中のお母さんたちの「疲れる毎日」を「楽しく」する

事業所概要

事業所名:むとと

代表者名:長楽さつき

事業内容:①コンサルティング ②企業監修

ホームページ:https//mutoto888.com

 

 

代表プロフィール

長楽さつき  -Satsuki Chouraku-

むとと代表

『暮らし遊び村』村長

 

経歴

幼少期から経営者や著名人の暮らしぶりを見て育ったため、暮らし方と働き方の関連性に興味をもつ。

 

大学で心理学を学んだことがきっかけで、結婚後は作業所やデイサービスの研修で、心の病気を抱える方々と出会う。

 

2001年~2004年 暮らしコラムニストデビュー。出版社の連載コラムとして執筆。読者の悩みに答えるメール相談も実施。

 

2001年~2013年 悩みを抱えるお母さんの暮らし相談員として働く。保健福祉センター、子育て支援施設などの公共機関に出向。発達障がいなど「気になる子」を抱えるお母さんが集まる幼稚園に出向、また精神疾患を抱える母のための民間施設で施設長として従事。のべ3,200人以上の悩みを解決。

 

2004年~2013年 NPO法人なのはな(静岡市)の理事(事務局長)として、幼稚園、保育園、子育て支援施設の認可設立をサポート。

 無認可幼稚園を認可幼稚園(学校法人、NPO法人)。無認可保育園を認可保育園(小規模保育事業所、こども園)。自主運営の子育て支援施設を公設民営の子育て支援施設(静岡市指定管理施設)。

「子どもたちがありのままの自分でいられるように。子どもたちがその子らしく生きていけるような基盤を乳幼児期につくりたい」というNPO法人なのはなの想いを、行政に届く文章や交渉術で形にすることをサポート。

 

2019年 独立開業、事業所名を「むとと」に。「むとと」とはスワヒリ語で「こども」という意味。 アフリカでは、子供ひとりを育てるのに、100人以上の大人が一緒になって村全体で育てるという話を、幼稚園設立をサポートしたときに知る。暮らし方に悩むお母さんに「家事・子育て・仕事は、一人で抱えず周りの力も上手く使ってほしい」という想いを込めて事業所名に。

業務内容としては自立したいお母さんに向けて、片付け作業サービスを展開。

また、経済的に自立したい専門家向けに、ホームページ制作コンサルティングやライティング指導を行う。

 

2021年9月~ WEBサイト「暮らし遊び村」をスタート。

「むとと」や、それ以前の仕事で触れ合ってきた「悩めるお母さんたち」の気持ちを軽やかにすることを目指し、毎日の暮らしを、子ども時代に夢中で遊んだような気持ちで過ごせるノウハウを「暮らし遊び」と名付け、情報発信やコンサルティングを行なっている。

 

現在は・・・

軽やかな暮らし方コンサルティング

家事・子育て・仕事よろず相談室

小田急電鉄『ママカレ』ゼミ講師

の活動をしています。

 

 

企業の監修・協力

既存事業の整理、新事業や新商品アドバイス、広報PR、コラム執筆など。

  • United Code Limited 様(Webコラム執筆) 
  • 株式会社ネットスクール 様(Webコラム執筆) 
  • 株式会社アドベスト 様(Webコラム執筆) 
  • NPO法人なのはな 様(行政への広報PRなど)
  • ファイザー製薬助成金事業の企画運営(イベント型の広報PR・専門家対象)
  • NPO法人びーのびーの 様(イベント型の広報PR・専門家対象)(冊子作成)
  • 公益社団法人発達協会 様(月刊誌コラム執筆)
  • 株式会社晋遊舎 様(雑誌「LDK」)
  • 経営ビューイング株式会社 様(クライアント企業への新商品の企画書を作成)
  • 関内イノベーションイニシアティブ株式会社 様 (既存事業の整理)
  • 株式会社Hakali 様(アプリ記事の校正)
  • 非営利型株式会社Polaris 様(新事業アドバイス)
  • 株式会社デザイナート 様(DESIGNART  TOKYO2022広報PR)

 

メディア掲載

  • 神奈川新聞 様

 

お問い合わせ

お仕事のご依頼については、お気軽にご相談ください。

 

Copyright© 暮らし遊び村 , 2022 All Rights Reserved.