家事や子育てに悩む、お母さんたちの気持ちを軽やかにする

手入れのいらない庭木を植えよう。直植えは手抜きで楽しめる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

もし、あなたが土の上に建っている家に住んでいるなら、なんとか50㎝四方の地面を確保して、庭に木を植えてみてほしいです。それが難しいなら、直植えで植物を植えてみませんか?

住む家を探しているとき、「この最寄り駅を使って、この街に住みたい」と思って決めます。さらに、日当たりや騒音、ご近所さんをチェックして、「この場所に住む」と絞り込んでいくことでしょう。

交通の便や買い物の便も気になるし、日当たりや風通しも調べておきたいポイント。近所の人の様子も見ておきたい。その場所ならではの環境が、そこに住む人の居心地を左右して、しだいに物事の考え方や、心の状態にも影響を与えていくものだと思っています。

今は生まれた土地に、そのまま住み続ける人の方が少数派でしょう。私も現在の家で10件目。何度も何度も引っ越している人の方が多いはず。

だからこそ、木を植えるという行為は、「私はこの土地に長く住むんだ」と改めて意識することになります。その土地に対する愛おしさが一層、深まります。

 

というわけで、今回は「手入れのいらない庭木を植えよう。直植えは手抜きで楽しめる」について書きたいと思います。

 

庭木を植えるメリット

手入れなしで楽しめる庭木

裏庭のカラスウリ。美しい花が咲くのも魅力的です。

 

庭に木を植えると、街並みに家が溶け込みます。家はそれぞれ違っているし、大きさや高さは様々。家だけが建っていると、落ち着きのない街並みに感じてしまいます。

緑の木が家の間に入ることで、人の庭と自分の庭がまじりあいます。みんな一緒に住んでいて、街がみんな一緒に受け入れているような落ち着きがうまれるのです。

 

庭づくりを楽しむなんて、広い庭をもっている人だけの特権と思っていませんか?

そんなことはありません。

さりげなく、心がこもった庭は、誰にでも作れます。完璧に手入れが行き届いた庭という意味ではありません。

高低差のある植物を直植えするだけでも、庭にリズムができます。ちまちま植えないで、どっさりと植えてみましょう。

植物は生きています。場所に合わないと枯れることも。同じ植物でも南側の庭では枯れて、東側では元気に育つこともあるから不思議。植えてみたいものを惜しみなく植えてみることで、環境にあった元気な庭ができあがってくるのです。

そんな庭づくりを楽しんでもらいたいなぁと思います。自分らしい暮らしを獲得できます。

 

100%完璧にしない庭を目指す

家を購入するときに、庭も含めて、すべての望みを叶える、お金がある人は少ないでしょう。「もっとこうしたかった」という気持ちが残ることもありますよね。

やり残したことのない完璧な家なら、本当に住み心地はよかったのでしょうか?

 

どんなことでも完璧に整えすぎているのは、いずれつまらなくなります。ちょっと足りないところがあるほうが、「いつかこうしたい」という夢をもっているので楽しみになります。

 

庭に植物があるだけで、気持ちは癒されます。植物の力は大きいです。草むしりをしているだけでも、心が浄化して、新鮮な気持ちになれます。

「そろそろ庭仕事をしなきゃ」と気にかけるものがあるというのは、ときには面倒だけれど、気持ちに張りをもたらしてくれます。

ところが、不思議なことに庭に植えた木や植物で、どうしても育たない種類もあります。土地との相性があるようです。いろいろ試してみて、自分の庭に合う植物を見つけられたら、ほとんどお手入れなしでラクに育てることができます。

 

また、庭で育った、季節ごとの小さな一輪の花を、日々の暮らしで飾ってみてはどうでしょうか?

部屋の片隅に飾っておくだけで、小さな明かりが灯ったような雰囲気になります。下駄箱の上や窓辺、食卓の上など、生活しながら目に触れるささやかな場所に飾ってみましょう。

花のある暮らしは、色々なタイプの花瓶があると広がります。陶器や磁器、ガラスなど、材質のバリエーション。大きさ、高さ、口の広がり具合など、形のバリエーション。活ける花に合わせて、花瓶を選ぶ楽しみをもちたいところです。

 

まとめ

庭仕事に憧れて一戸建てと考える方もいるかもしれませんが、雑誌に出てくるような、ガーデニングなんてキレイなものではないのが、我が家の庭の現実。

庭仕事をするスタイルは、長靴と長袖、長ズボン、大きなツバの帽子。花や木を植えて楽しめるメリットもありますが、実際は草むしりに使う時間が大半です。

伸びてくる雑草を刈り、つたを引き抜き、木の枝を切り、掃き集め、ゴミ袋に詰めて、ゴミ収集日に出すだけで、せいいっぱい。庭とはいえ自然だから、チャドクガやムカデ、オオスズメバチなど毒を持つ虫もいます。

時折、お金を払って、プロの方の力を借りなければ、自分たちでは手入れできないこともあります。自然と付き合う暮らしには、それなりの覚悟がいります。しかし、ありきたりの日常の暮らしに張りがでて、清々しい気持ちになります。

もしあなたが庭をもつ暮らしをするなら、手入れのいらない庭木を植えて、直植えの植物を楽しんでほしいなぁと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2021 All Rights Reserved.