家事や子育てに悩む、お母さんたちの気持ちを軽やかにする

トカイナカに暮らす①~土地探し・注文住宅建築編~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

トカイナカ暮らしのあれこれを日記仕立てにしました。よかったら、読んでみてください。

 

『トカイナカ日記1日目』土地購入

私がトカイナカに住んで、もうすぐ10年。この辺は多摩丘陵の一部なので、山や谷が今も多く残っています。我が家の300㎡の裏庭も竹林と雑木林のままです。山あいには田園がひらけて、秋は柿がたくさん収穫できます。無農薬野菜の直売所も至るところに見かけます。子供たちを伸び伸び育てることができる住まいを探していたときに、たどり着きました。

私は大阪生まれの大阪育ちですが、幼少期は香港で暮らしていました。1階がガードマンのいる駐車場、2階がガーデン、3階から16階までが住宅になっている、250㎡の大きなマンション暮らし。100万ドルの夜景を目の前に、60㎡の広々としたリビングで、ごっこ遊びに夢中になって過ごした日々のことが、未だに忘れられません。私自身は都会で育ったせいか、都会と田舎を、どちらも楽しめるトカイナカで子育てをしてみたいと思っていました。

そう思っていた矢先、トカイナカに希望価格の土地があることを発見。いずれも駅から遠くバス地域だったので、夫や子供たちが職場や学校に通うのに難しい。1年くらいあちこち見て回ったころ、駅から歩いて15分ほどの里山に、竹林と柿の木にかこまれた荒れ果てた土地を目にしました。「この土地に夢の注文住宅を建ててみたい」冗談半分にいうと、夫は驚いていました。工務店の人に見に来てもらい、思い通りの注文住宅が建築できることを確認してもらうと、話はトントン拍子で進んでいきました。

 

はじめて土地を見に行った時は、ボロボロの古い平屋が建っていました。持ち主だったおばあさんが亡くなり、娘さんが売りに出されている状態。大手企業のキャリアウーマンとして働いてきた娘さんは都心に家をもっていて、今さらトカイナカに移住してくるつもりもないらしい。古家の建て壊し費用は負担してくれることになりました。

しかし、この土地は道路から一段下がっていて、真四角ではない変形土地。建売業者なら絶対、買わない土地。夫だって、ここに私が思っているような『木のおうち』が建つとは思いもしなかったようです。若い時だからできたこと。それもこれも縁あってのことだったのでしょう。おかげで私たちは都心からも、借家からも解放されて、はじめての戸建てを注文住宅で建てることができました。

 

 

『トカイナカ日記2日目』注文住宅の建築

古家はボロボロでも建て壊し、背丈くらいある伸び放題の草をとると更地になりました。隣の家とも離れているので、四方八方から太陽の光を浴びることのできる日当たりのいい土地でした。

幸いなことに、建築をお願いする工務店は土地探しの前から決まっていました。東大寺や法隆寺などで用いられている宮大工の工法をとりいれながらも、現代に合うような工法で注文住宅を建築している公務店です。

変形した土地のため、家が建てられる面積がワンフロアー30㎡。だけど、ホームパーティーが好きな私たちは設計士さんに「たくさんの人が集まっても圧迫感を感じないLDKにしてほしい」とお願いしました。もう1つ、「道路からフラットで玄関に入れるようにしてほしい」と。道路から1段下がった土地だったため、老後を考えると外階段は厳しいと判断。老後はホームエレベーターがつけられるような設計で、内階段を作ってもらいました。

リビングの床は杉の木、子供部屋と仕事部屋の床はコルク。壁は水性顔料で体に優しい素材の家。70㎡と小さいながらも、東西南北に大きな窓があるので、1日中、太陽の光を楽しめる家。こんな家の完成までには、半年以上かかりました。私たちにとっては、生涯忘れることのできない日々となりました。

 

『トカイナカ日記3日目』引っ越しの日

引っ越しの当日は、ご近所の方々と顔を合わすことできました。昔ながらの近所づきあいが、トカイナカにはまだ残っています。私たちが新しい暮らしになれるのは、そんなに時間がかかりませんでした。

 

ここの地域には同じ苗字の地主さんの家が多い。1軒あたりの土地面積が広く、地主さんとして美しい自然を残す努力をしてくださっていることに感謝しています。いつまでもそうあってほしい・・・

 

トカイナカでの庭仕事は、何もかも珍しく、どこから手をつけていいか、はじめのうちは見当もつきませんでした。300㎡の竹林を裏庭にとして購入したまではよかったのですが、竹の間を人が通れないくらいに荒れ果てた竹林を庭にするなんて虫がよすぎ。しかし、竹林の手入れを手伝ってくれる庭師さんを見つけることができました。今は造園業を営んでいる方でも、竹林の伐採を喜んで引き受けてくれる庭師さんは少ないんです。別の地域の横山さんという方で、以来ずっと世話になっています。横山さんを先生に、見よう見まねで竹を切って処理する技術を学びました。近所の方たちには、竹を切り倒す作業のときには、何かとお世話になったことはいうまでもありません。

 

続きはコチラ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2021 All Rights Reserved.