家事や子育てに悩む、お母さんたちの気持ちを軽やかにする

食を楽しむ我が家のこだわり無添加調味料をご紹介~酢・みりんなど~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

食べることが大好きな家族と一緒に暮らしているので、調味料にこだわっています。今回は普段使っているものの一部をご紹介。調味料はなるべく無添加で、混じり気がないものを選ぶようにしています。

たかが調味料、されど調味料。

一度にたくさん使うものではないけれど、味を決める大事なもの。そして、体を作る大事なもの。

なるべく少ない原材料だけで、昔ながらの製法できちんと作られているものを選ぶ・・・

必要のないものが含まれている調味料は、体に無駄な負担をかけます。

無添加のものは少量でも味がしっかりしているので減塩効果も!?

 

今、使っているものを、いきなり全部、変えるのは難しいでしょう。今度、買い替えるタイミングで、少しずつ切り替えていき、体の変化を感じて頂けると嬉しいです。

 

無添加調味料の選び方のポイント

食を楽しむ我が家のこだわり無添加調味料をご紹介~酢・みりんなど~

我が家で使っている調味料の一部をご紹介

 

私自身、調味料は買い替えのタイミングで見直すことも多いです。今、使っているものよりも「美味しそう」「体によさそう」というものを見つけたときは、今のものを使いきった後、新しいものを使ってみるようにしています。

絶対的にこれじゃなきゃ・・・っていうほど頑固なこだわりはありません。

 

でも、普段、あんまり何も考えず調味料を買っていた人が、いきなりこだわりの逸品を選ぶ・・・って難しいですよね?

スーパーに行くと、たくさんの調味料が並んでいたり、ネットで検索しているといっぱいありすぎて、「結局、どれを買ったらいいのか分からない」という方が多いのではないでしょうか?

 

そうなんです。

最初、私もそうでした。

 

「無添加で体によさそうな調味料」というカテゴリーで探しているとき、私の場合、選ぶポイントがあります。今回は、そのポイントをご紹介しましょう。

 

①続けて購入できる価格であること

やみくもに高い調味料だと、続けて購入できませんね。それぞれのご家庭の事情に合わせて、「これだったら続けられる価格だなぁ」と思うものでOKサインを出すとよいです。

お醤油1つとってもこだわりだすと、高級なものがあるのも事実。

だけど、無理して続けていても、心によくありません。

ほどほどで、続けやすい価格のものを選ぶところから始めましょう。

 

②原材料に添加物が書いているものは避ける

原材料名を見て、何か分かるものが書いていれば大丈夫。

何かピンとこない材料名が書かれているときは添加物なので避けるようにしています。

原材料が見たことのあるシンプルなものだと、昔ながらの製法で作られているものに出会うことが多いです。

ぜひ、なるべく少ない原材料で作られたものを選んでみてください。

 

➂発酵調味料は長く熟成させているものを選ぶ

味噌、醤油、みりんなど発酵調味料は、添加物など余計なものが入っていないと、長く熟成しているものに出会えます。

添加物を入れて、むりやり発酵スピードを早めた調味料は、発酵の過程で生じる栄養素が調味料に含まれていません。また、発酵により熟成された独特のうま味がないため、別の添加物や材料でうま味成分を補っていたりします。

口にするものだから、発酵調味料に含まれる天然の栄養素やうま味を味わいたいものですね。

長く発酵させたものほど手間暇がかかっているため、価格も高くなります。

「このぐらいだったら許せる」と思う調味料から、ぜひ始めてみてください。

 

調味料選びも凝ってくると、原材料の生産地まで気になってきたりします。よいものになればなるほど、お値段もそこそこします。無理をすると長く続けられません。

無理のない範囲で、食を楽しむ暮らし遊びを始めてみませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
暮らし遊びライター
 
家事や子育てに悩むお母さんたちの気持ちを軽やかにする情報を発信。【住まいを整える】【食を楽しむ】【自分らしさを着る】【子育て自分育て】の4つのテーマを得意としています。特技は早寝早起き(22時就寝・4時30分起床)。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2021 All Rights Reserved.