ブログのロゴ・ヘッダー画像・バナーは、こうして作りました

こんにちは! Webライター 長楽(ちょうらく)です。

ワードプレスを運営し始めて、もうすぐ1年。

ロゴ・ヘッダー画像・バナーなんて言葉は、ワードプレスを使うまで知りませんでした。

ワードやエクセルは使える主婦でしたが、ワードプレスなんぞや???ってところからのスタートでした。

そんな私がロゴ・ヘッダー画像・バナーを作っていく過程をお伝えします。

ブログのロゴ・ヘッダー画像・バナーは、こうして作りました

ブログのロゴ・ヘッダー画像・バナーは、こうして作りました

ブログのロゴ

ブログのロゴ

ロゴの制作は、デザイン的なセンスが必要なので外注しました。

ココナラで発注すると、低価格で仕上げてくれる人もいます。

私の場合、あとあとのことも考えて、顔の見える関係で、つきあっていける方にお願いしました。

お値段的にもココナラと変わりませんでした。

ロゴを発注するにあたって、まず事前アンケートのようなものに答えました。

むととライティング研究所が大事にしている「理念」「キャッチコピー」「メニュー」「ターゲット顧客」についての考えを書きました。

そのあと1回会って、打ち合わせをしました。

2時間くらい話をしたので、「こういうロゴにしたい!という思いを伝えることができました。

あとは、ひたすらメールで、やりとりです。

一番最初のメールでは、20種類以上のロゴを提案してくれました。

そこから、少しずつ絞っていき、細かいところを「こうしてほしい」とか注文を出していきます。

メールで8往復くらいして、やっと決定しました。

2ヶ月くらいかかりました。

ロゴは、一度、作ると、コロコロ変えるものではないので、はじめにしっかりとしたものを作ることが大事です。

デザイン的なセンスがなかったら、プロの方におまかせしたほうが良いものができあがります。

また、ワードプレスに添付するときの作業も一緒にやってもらえるので助かりました。

ロゴを添付するときに、微妙な位置の修正が必要なテーマを選んだので、プロの方にお願いしてよかったです。

また、グーグルで「お気に入り追加」してもらったとき、ロゴが表示されるようにすることも依頼しました。

在宅ワークで仕事をしていると、こういうどうでもいいようなところで、つまずいて、思わぬ時間がかかってしまうことがあります。

だから、外注したほうがよいところはプロにおまかせしたほうが、物事がサクサクとすすみます。

外注するところと、自分でやるところを、うまく使い分けられるようになると、在宅ワークの上級者です。

ブログのヘッダー画像

ブログのヘッダー画像

ブログのヘッダー画像は、プロのカメラマンに撮影してもらいました。

写真の撮影もプロにおまかせしたほうがいいものの1つです。

ヘッダー画像は、「Canva」という無料ソフトを使って、自分で作りました。

実は、画像に書いているキャッチコピーは、コロコロ変えています。

事業を始めたころは、サービスが変わると、キャッチコピーが変わりやすいです。

だからこそ、ヘッダー画像は、自分で作れると便利です。

キャッチコピーが変わるたびに、誰かに頼んでいると面倒ですから。

ブログのバナー

こちらも「Canva]という無料ソフトを使って、作っています。

「Canva」にはサンプルがたくさんあるので、その画像を使ってもいいです。

もしくは、自分で撮影した画像でも作成できます。

バナーの大きさや、文字の形や色は、何種類も試せるので、いちばんしっくりしたものを選びます。

「あーでもない、こーでもない」といじくって、とことんこだわりだすと、気が付くと何時間もたってしまいます。

自分のお気に入りのバナーが、初心者でも簡単にできてしまうので、ぜひ使ってみてください。

ワードプレスでブログを書きだすと、今までやったこともない作業があります。そのたびに勉強です。でも、大丈夫!そんなに難しいものではありません。40代主婦の私でもできたのですから。1つ1つゆっくりと丁寧に習得していくと、すべて自分のスキルのなります。そうすると仕事の幅が広がり、楽しみが増えますよ。