歌って家事して心ぽっかぽか

幼少のころからの掃除片づけのストレスは、自分に合った方法を学んで改善

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大学在学中に婚約。家事と子育てを優先しながら、小さくキャリア形成。暮らしの中で出会う課題は自らの成長と捉え、すべてを学びに変える。自分にしかできない工夫をしたり、誰にもできない極め方を発見して、楽しみを見いだすことが得意。
詳しいプロフィールはこちら

今回は暮らし遊び相談にきてくださった、アメリカ在住の50代主婦、伴野のぞみさんご紹介します。

アメリカ在住の主婦

 

 

どうして暮らし遊び相談をしようと思いましたか?

幼少の頃から片づけ・掃除をストレスに感じていたので、

片づけのストレスが少ない暮らしをするためのアドバイスを得ようと思い受講しました。

 

相談して、どんな結果になりましたか?

使っていないモノを抜き出す時間を毎日15分だけ作る、

使っていないモノ・いらないモノを取り除くだけで空いたスペースの整理はしない等、

片付けを日々の習慣に取り入れる工夫を教えてもらい、

「これなら私にも無理なく続けられる」と思いました。

 

相談してみて、一番良かったことは?

「毎日15分の不要なモノを取り除く時間は、その場で座って眺めているだけでもいい。」

と言っていただいたことで、気持ちの面でのハードルがぐっと下がりました。

 

実際、私と話してみて、どんな感じでしたか?

「私が何に悩んでいるのか、何を理想としているのか」を丁寧に汲み取ろうとする気持ちが

画面越しにも伝わってきました。

受講者の置かれている状況に合わせた解決策を真剣に考えてくれる姿勢が、

私自身のあせりや不安を和らげてくれました。

 

 

印象に残っていることはありますか?

相談後、アドバイス内容をまとめた資料がすぐに送られてきました。

相談内容の振り返りだけでなく、

SATSUKIさんの人柄が表れるような暖かい言葉も散りばめられていて

読んでいて前向きな気持ちになりました。

 

暮らし遊び相談をおすすめしたいのはどんな人?

「できて当たり前」と思われがちな家事の悩みは

誰にも相談しないままになってしまいがちなので、

一人で抱え込んで悶々としている人におすすめしたいです。

日々の生活や気持ちを楽にしてくれるアドバイスが得られると思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大学在学中に婚約。家事と子育てを優先しながら、小さくキャリア形成。暮らしの中で出会う課題は自らの成長と捉え、すべてを学びに変える。自分にしかできない工夫をしたり、誰にもできない極め方を発見して、楽しみを見いだすことが得意。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 暮らし遊び村 , 2024 All Rights Reserved.