在宅WebライターはWord(ワード)なしで仕事できる?

こんにちは! Webライター 長楽(ちょうらく)です。

在宅でWebライターの仕事をするようになってからは、Word(ワード)を使う機会が減りました。

そんな経験をもとに、「在宅Webライターはワードがなくても仕事ができるかどうか?」の話をします。

在宅WebライターはWord(ワード)なしで仕事できる?

在宅WebライターはWord(ワード)なしで仕事できる?

結論からいうと、Microsoftのワードを使わなくても、仕事はできます。

記事を納品するとき、クライアントの希望に沿うようにします。

しかし、「納品はワード形式」と書かれていても、ワード以外のファイルでも対応可能な場合が多いです。

むしろ、「グーグルドキュメント形式で納品」というところが増えてきました。

グーグルドキュメントとは?

「Googleドキュメント」というのは、グーグルが提供しているワードに相当するものです。

グーグルドキュメントを使うには、インターネットが必要になります。

Webブラウザを利用するからです。

ただし、グーグルオフラインドキュメントという拡張機能をインストールしておけば、オフラインでも使用できます。

インターネットが使えない環境でも仕事をしたいときに最適です。

スマホでも作業可能

グーグルドキュメントで作った記事は、スマホでもパソコンでも表示・編集可能です。

ワードのように、作った記事をいちいち保存しなくても、自動保存してくれるのは便利です。

記事を共有できる

記事を複数人と共有できるので、同時編集が可能です。

だから、記事の校正などが手軽になりました。

無料で使用できる

グーグルドキュメントは、グーグルアカウントをもっていれば無料で使用できます。

文字数をカウントしてくれる

Webライターにとって、文字数は気になるところです。

グーグルドキュメントは、文字数をカウントする機能があるので便利です。

ちょこちょこ文字数を確認しながら、記事を書けるので、能率があがります。

ワードとの互換性

グーグルドキュメントは、ワード形式のファイルとも対応しています。

グーグルドライブにワードファイルを保存している場合には、そのファイルをグーグルドキュメントに読み込んで編集可能です。

一方、グーグルドライブで作成した記事をワードに変換して、パソコンで編集することも可能です。

ただし、文章・表・画像を組み合わせた場合、複雑なレイアウトだと、再現性が低下することもあります。

セキュリティはどうなの?

ワードはネットを介さずに手元でチェックができます。

やはりセキュリティ面では、ワードの方が安心な部分もあります。

ワードとグーグルドキュメント、一長一短あります。

どちらも使いこなせるようになると、Webライターとしての仕事の幅が広がります。

私はWebライターの仕事をはじめるまで、ワードしか知りませんでした。世の中には、無料で使える便利なものがあるんです。Webライターの仕事が軌道にのるまでは、グーグルドキュメントを利用して、仕事を始めてみるのも手です。仕事に慣れてきてから、ワードの購入を検討しても大丈夫です。