【だから避けられる】40代主婦が稼げない在宅ワークとは何?

在宅ワークの仕事場
自分好みのインテリアにできるのが、在宅ワークオフィスのいいところ

40代になってから仕事を探すからといって、はじめから諦めないでください。低単価案件も、たくさん出回っています。安い仕事の在宅ワークを、いつまでも続けているのは時間のムダです。

在宅ワークで得をしてきた私からみて、おすすめできないお仕事をお伝えしましょう。

わたし
わたし
こんにちは!初めまして。
在宅ワーク歴20年の長楽さつきです。
時間が自由に使えるので、家事も育児も趣味も満喫しています。


メルカリ

メルカリは大流行しすぎて、稼ぐことが難しくなってきています。

配送の手間が、思っている以上にかかります。一日に何度もコンビニに行くことになるので、時間ロスが大きいです。

古本や古着、ブランド品によっては、リサイクルショップで買い取ってもらったほうが高く売れることもあります。

40代主婦は忙しいです。余計なことに時間を使っていると、仕事としては長続きしなくなります。

テープ起こし

PC入力が速い方なら、少しはいいかもしれません。しかし、PC入力が速いならばライティングの方がおススメです。

他人が話していることをテープで聞いて、文字おこしするというのは、意外と時間がかかります。

テープが聞きづらかったりすると、なかなか前に進みません。

話し言葉を文字に入力すると、分量が多いです。1時間のスピーチを原稿に書くと、2万文字くらいになります。電子書籍だと1冊仕上げて、販売できる分量です。

そのわりには単価が低い案件が多いので、おすすめできません。

低単価のライティング

1文字0.1円などのタスク案件とよばれるライティングの仕事があります。

1週間とか期間を決めて、練習のつもりで引き受けるのでしたら効果的です。もしくは、クラウドソーシングの実績づくりとして、一定期間、引き受けるのもいいでしょう。

しかし、私はやったことはありません。

最初の仕事を受けることが難しくなるかもしれませんが、1文字1円からスタートするくらいの気持ちをもってほしいです。

1文字0.1円の枠から抜け出せないライターさんもいます。

40代主婦は、家事・育児・介護など、何かと忙しいです。

低単価案件で、大事な時間を奪われすぎて、家族との大事な時間を失ってほしくないです。

人生100年時代になりました。40代、まだまだこれからです。今から少しずつスキルを身につけるといいです。パソコンやライティングスキルは、家にいながらでも学べます。空き時間を上手く利用して、勉強しはじめると、主婦・母だけではない自分の時間ができます。今、ビジネススキルを身につけて、種まきしておくと、老後の不安は減りますよ。