仕事を獲得しやすいWebライターの名前はペンネーム?本名?

Webライターとしての名前決めは、意外と悩みます。正解というものがないので難しい・・・

ライターとして活動開始したら、早い段階で自信のもてる名前を決め、ビジネスを加速させていきましょう!

 

仕事を獲得しやすいWebライターの名前はペンネーム?本名?

仕事を獲得しやすいWebライターの名前はペンネーム?本名?

現在はクラウドソーシングだけで活動をしている人でも、いずれは
自分の名前を出した記事執筆依頼がくることもあるでしょう。

色々と仕事の幅が広がっていくのが、ライターの面白さでもあります。

そんなとき、ライターとして使っている名前と、個人で発信しているSNSやブログなどの名前が違っていたら、あなたの仕事実績となりにくくなります。

ペンネームを使うにしろ、実名を使うにしろ、名前はSNSやブログと一緒のものを使うべきです。

 

あなたが大切にしたいこと

ここが一番、大変ですね。

あなたが大切にしたい仕事の仕方や、考え方、方向性などを洗い出すところから始めましょう!

 

そのあと様々な角度から考えていきます。

自分の印象に合っている名前?

ネットやマスコミなどに出てもいい名前?

完全にペンネームは難しいけど大丈夫?

 

自分の印象に合っている名前

自分の印象にあっている名前がいいでしょう。堅いイメージで売りたいなら堅い名前。親しみやすいイメージを出したいなら、親しみやすい名前。

名前と分からないような名前はやめましょう!

これは何かの暗号じゃない?と思うようなものは、そもそも信用をなくしてしまい、仕事の依頼がこなくなってしまいます。

ペンネームであっても、「苗字+名前」という形にしておくのが無難です。

 

結婚して苗字が変わった方が旧姓を漢字だけ変えて、読み方はそのままでペンネームとして使っている場合もあります。

そのほか、本名の漢字を変えただけ、ひらがなやカタカナにしただけ・・・というパターンも。もしくは、「のりこ」を「のりか」というように本名を1字だけ変えている方も多いです。

 

ネットやマスコミに出てもいい名前

実名かペンネームは、この段階になったときに悩んでいては遅いです。

ライターとして仕事を始めた以上、いずれネットやマスコミに名前が出るかもしれない・・・ということは考慮しましょう。

そんなとき実名でもいいのか?ということです!

 

プライベートと区別したいならペンネームがおすすめです。ただし、ペンネームを使う時は注意が必要です。

 

完全にペンネームは難しいけど大丈夫?

名刺やHPにペンネームを載せても、クライアントから仕事を受け、振込先口座の情報を伝える段階になると、口座名義人で本名が分かってしまいます。

そのほか、クライアントから郵便物や宅急便を送ってもらう場合、本名を伝える必要があります。

仕事はペンネームでできますが、クライアントとの関係の中では、どうしても本名を伝えなければいけない場面が出てくることでしょう。

 

発音しやすく、読みやすいか?

いろんな場所で発する言葉になるので大事です。

まごまごせずに言える名前かどうか?

口の形、濁点や半濁点、母音と子音など、発音したときの印象は自分のイメージと合っていますか?

読みにくい名前であれば、すぐ近くに読み方も書いておきましょう。

 

検索しやすい名前にする

Googleなどの検索エンジンで、名前を検索してみましょう。

現時点で同じ名前がいなければOK。

もし同じ名前の人がいると、自分の実績が自分以外の同じ名前の人の実績と勘違いされてしまうことだってありえます。他人と混同されたり、悪影響を受けたりすることだけは避けたいもの・・・

後のことは分かりませんが、必ず「現時点で自分だけしか存在しない名前」にしておきましょう。

 

まとめ

名前は後でも変更できるものですが、印象が変わってしまうので、できれば変えずに長くお付き合いしたいです。ぜひ、後悔しない名前を考えてくださいね。最初が肝心です。